肩の痛み shoulder pain

わたしが解説します!(理事長)

肩関節症
(肩腱板損傷・四十肩・五十肩など)

肩腱板損傷

損傷の原因としては、転倒して手をついたり、肩を強打したときなどの外傷によって、腱板が損傷するものが約半数です。また、併せて軟骨や骨が損傷することもあります。
他のものに関してははっきりとした原因はありません。この肩腱板というのは筋肉の一部で、肩関節の骨と骨の間にはさまれた所を通っていますので、使い過ぎによってすり切れることがあったり、50歳から60歳代では自然に日常生活動作のなかで断裂することがあります。
こうなると手術以外の一般的な保存療法では断裂部分の治癒は望めません。症状としては、急に腕が上がらなくなったり、上げるときに激痛が走るなどして、日常生活や仕事にも支障が出てきます。

四十肩・五十肩

年齢とともに、肩関節を覆う筋肉や骨同士を結びつける靱帯の柔軟性が低下することで起こると考えられています。

原因なくある日突然、腕を動かしたときに肩に鋭い痛みが発生するのが四十肩・五十肩の典型的な発症パターンです。
ほとんどが片側の肩のみに症状があらわれます。肩を動かすときに、痛みが腕や手先に伝わることもあったり、しびれを伴うこともあり、夜間痛みで眠れないこともあります。
この症状のまま放っておくと、腕を上げたり後ろに回す動作が困難になってきます。このことを関節の拘縮(こうしゅく)といいます。
痛みのために、肩の筋肉を動かさないでいると、組織の癒着が起こり、さらに軟骨や骨にも影響を及ぼしてしまい、もっと動かなくなってしまう事で治癒が長引くことになります。
こちらの疾患もやはり、日常生活を行う上で大きな支障となります。

肩の構造図と腱板断裂

肩の
構造図

腱板断裂

主な症状

  • 動かすと肩がいたい
  • 腕が上がりにくい
  • 肩から腕にかけて痛い
  • 夜間痛くて眠れない
  • 肩を動かすと擦れたような音がなる

すでに診断や治療されている方

  • 早期に痛みを取り、社会復帰やスポーツ復帰をしたい
  • 長期間治療してきたが未だに痛みがあったり、肩の動きが悪い
  • 関節鏡などの手術を勧められているが抵抗がある
  • 入院するための休みが取れない
  • 今の治療に成果を感じられない

※当院では痛みや症状に合わせた最適な治療をおこないます

従来の治療法

現在の保険診療では、四十肩や五十肩に対しては内服治療、ステロイドやヒアルロン酸などの注射が主に行われています。
しかしその方法では、痛みを取ることや肩を元のように動かせるようになるにはリハビリも行った上で数ヶ月、長い方では数年かかる場合が私が診てきた中では多く見られます。
肩腱板損傷においては、従来の保存療法で治らない時は殆どの場合、腱の損傷部位を入院、手術で修復しなければならず、患者さんには大きな負担を与えることになっていました。しかしそうするしか方法がなかったのが現状でした。

肩関節症に対する当院の治療

従来の治療だと、保存療法という根本的な治療ではない方法、もしくは手術という二者択一の状況でしたが、現在は新たな治療方法が確立されてきています。それが、再生医療です。
再生医療は、四十肩・五十肩による痛みや、腕が上がりにくいといった症状をできるだけ早期に治療したい方、また肩腱板損傷の手術療法は避けたいとお考えの方に特にオススメできます。
ここ数年の再生医療技術の進歩により、自身から採取した脂肪を培養し、量を増やした幹細胞を患部に注射で注入することによって、肩関節の炎症を抑え痛みを軽減し、損傷した軟骨や腱板の修復・改善ができることがわかってきました。従来の治療しか選択肢を教えることが出来なかった私にとっては、本当に衝撃的かつ画期的、さらに効率的な治療法だと感じました。
こういった肩の痛みや腕の動きの制限(拘縮)や肩腱板損傷に対して症状に合わせた最適の治療計画を、整形外科での経験豊富な私がご提案させていただきます。

幹細胞治療の特徴

1自己の細胞による再生

幹細胞は臓器や皮膚、骨や筋肉にもなり得る細胞です。この性質を利用し、自身の幹細胞を培養して投与することで身体がダメージを受けている部分を再生できる可能性があります。

2身体の負担が少ない

ごく少量の脂肪をとるだけなので脂肪の少ない方や、高齢の方でも治療ができます。

3高い安全性

自身の血液や脂肪を利用するため、アレルギーや拒絶反応といった副作用の心配はありません。

4高い技術と安全性の
細胞加工施設

厚生労働大臣の許可を受けた国内トップレベルの高い培養技術を持ったCPC(細胞加工施設)による一括管理。