膝の痛み、変形性膝関節症の再生医療・幹細胞治療 Knee Pain
  • HOME
  • 治療内容
  • 膝の痛み、変形性膝関節症の再生医療・幹細胞治療
skmt

What will happen?

変形性膝関節症になると
どうなるの?

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)とは加齢や肥満、怪我などが原因で膝の軟骨がすり減り、関節が変形することを言います。初めのうちは立ち上がりや階段の上り下りの時に、膝の内側に痛みを感じます。
そのまま放置しておくと徐々に軟骨がすり減り、歩いていても常に膝の痛みがあり段々と歩行困難となります。ひどくなると、膝の関節が曲がりにくくなったり、関節に水が溜まって腫れたりと日常生活にも支障が出てきます。

日常生活が困難になると、外出の機会が少なくなり体力が落ちて、ひどくなると寝たきりになるる場合もあります。そして、何よりも一度すり減った軟骨は、元のように戻ることはできないのです。

knee
  • 初期

    軟骨がすり減り始める
    • 歩き始めや立ち上がるときに膝が痛い
    • 長時間歩くと痛み出すが、休むと治まる
  • 進行期

    軟骨のすり減りが進行、半月板が変形、滑膜の炎症
    • 正座やあぐらがつらい
    • 階段の上り下りがつらい
    • 膝に水がたまる
  • 末期

    骨自体も損傷し、膝が変形
    • 強い痛みで歩くことすら難しくなる
    • O脚やX脚に変形して足が伸びなくなる

従来の保険診療では
限界がある

変形性膝関節症に対しての治療としては、今まではヒアルロン酸の注射やステロイドの注射をするしか方法はありませんでした。しかし、根本的に軟骨を増やす治療ではないため、軟骨がすり減ることを止める事はできません。

写真:坂本先生

私自身、再生医療と出会う前はこのような従来の治療しか方法がありませんでした。ある程度変形が進行して、痛みに耐えられなくなると人工関節などの手術という選択肢しかなかったことにいつも歯痒い思いをしていました。従来の治療方法では数年するとレントゲンでもはっきりわかるぐらい軟骨の隙間は狭くなり、関節の変形が進行しているのが分かります。

従来の対症療法:痛み止めなどの薬やヒアルロン酸の注射だけではどうしても変形の進行は止められない

そのまま放置すると
どうなるの?

従来の治療方法でも痛みが継続し、それでもなんとか我慢して放置しておくと、どんどん症状が進行していきます。歩くこともできず、日常生活も困難になってきます。そこまでくると体には大きな負担のかかる人工関節などの手術の選択せざるを得なくなります。どうしても人工関節などの手術はしたくない方、また、年齢のリスクの問題で手術ができない方は、高い可能性でそのまま車椅子になったり寝たきりになります

しかし、かといって人工関節などの手術をすると合併症などのリスクもあり、体に大きな負担がかかってしまいます。また、たとえ人工関節の手術をしても思うように痛みが取れない可能性も少なからずあるのは確かです。そのようなジレンマで多くの患者さんが悩まれている姿を、私は数多くみてきました。

人工関節術をしたくない方の
新しい選択肢

変形性膝関節の症状が進行して、日常生活が困難になると、かかりつけの先生からは人工関節などの手術を勧められることでしょう。従来の保険診療ではヒアルロン酸などの注射が効かなくなると手術しか選択肢がないのです。

そんな中で再生医療と言う最先端の治療がもう一つの選択肢として大変注目されているのです。『リスクの高い手術はしたくない』『仕事の関係上、今は長期間の入院ができない』『人工関節を入れても本当に痛みが取れるの?膝が曲がりにくくなるのが嫌だ』などやはり手術に対して皆さん抵抗があるのは当然です。また、年齢の問題や基礎疾患があるためにどうしても手術ができない方も多くおられます。

treatment01

そこで当院では、幹細胞治療やPRP療法という再生医療に注目し、手術をしなくても痛みを取るということにこだわりました。

今まで多くの方が再生医療を受けられて、そのほとんどの方から『再生医療で膝の痛みがずいぶん楽になりました』『人工関節術しなくてよかった』と嬉しい声をいただいております。その時は再生医療に出会えて本当に良かったといつも実感しています。

treatment02
Dr.サカモトが解説します!(理事長)

変形性膝関節症に対する
当院の再生医療とは

こんな方が再生医療の適応に

  • ヒアルロン酸注射しているが3日も持たない
  • 人工関節、関節鏡、骨切りなどの手術を勧められたがしたくない
  • 入院するための長期休暇がとれない
  • 手術にはリスクが伴うのでしたくない
  • 症状の進行を予防して、人工関節術するほど重症化したくない
  • 骨壊死の診断を受けた

再生医療で人工関節術を
避けることができる

治療としては培養した幹細胞を膝関節に注射するだけです。大きな手術をすることもなく、日帰りで治療でき、痛みもほどんど伴いません
幹細胞が関節内に入ると、軟骨が再生され半月板や靭帯などの傷んだ組織も修復されます。再生医療は関節の変形が末期の状態で人工関節以外の選択肢となるだけではありません。変形が初期の頃に再生医療をすることで、その後の変形の進行を抑えて重症化することを防いでくれるのです。将来的に人工関節などの手術をしなくていいように予防するのにも最適な治療方法となります。

手術には命に関わるいくつかの合併症のリスクがあります。
例えば、肺血栓症や出血性ショック、神経障害、細菌などの感染症などです。その点脂肪由来の幹細胞を用いた再生医療は副作用のリスクはほとんどなく安全に行えるため、体に大きな負担をかけず、入院や手術の必要のない革新的な治療法として大変期待されています

treatment03
人工関節したくない、まだ重症化するのを予防したい
再生医療なら
進行を遅らせる

当院の再生医療の特徴

当院の治療と一般的な治療の違い:再生医療を比較する上でここがとても重要な要素です!

1.幹細胞の数は多いほど効果が高い

一般的には1千万個ほどの幹細胞を投与することが多いのですが、当院では関節の状態に合わせて2,500万個~1億個以上の幹細胞を投与します。

一般的な治療:約1,000万個投与、当院の治療:約2,500万個~1億個投与
培養幹細胞治療後の痛みの変化
original

それでは実際の写真を見てみましょう。

図:一般的な投与数と当院の投与数の違い

幹細胞の数は多いほど
治療成績がいい

originalsaibou

写真でもはっきりと、幹細胞の数が多いほうが沢山の軟骨が再生されているのがわかる!

一般的に関節の中には1千万個の幹細胞を投与することが多いんだ。でも当院では症状に応じて、冷凍保存していない生き生きした1億個以上の幹細胞を投与することができるんだよ。

投与する幹細胞が多ければ多いほど治療成績が良いのは、海外の臨床データでも実証済みなんだ。

doctor02
saibou02

細胞の数が多いほど、痛みが少ないんだね!

2.独自の細胞培養技術

冷凍保存しないので
幹細胞の高い生存率が実現

CPC(細胞加工室)の比較
  • 当院のCPC
    図:当院のCPC
  • 他院のCPC
    図:他院のCPC

国内トップクラスの細胞加工室の高い技術によって冷凍保存しなくてもよくなったんだよ。
だから、多くの生き生きした幹細胞を投与できるんだ。

doctor03
saibou03

幹細胞が生き生きしているほうがよく治りそうだね。
解凍マグロよりも、冷凍保存していない生マグロのほうが美味しいのとなんか似ているね!

そうだね、生き生きしたフレッシュな幹細胞が多ければ多いほど治療成績は良いんだよ。
これは、海外の文献でも証明されていること。

そして当院ではその生き生きした幹細胞を、さらに1億個以上にまで増やすことができるんだよ。

doctor04

独自の細胞培養技術の
もう一つの特長

  • 自身の細胞と血液を使って幹細胞を作るので安全安心
  • 採取する脂肪は米粒2から3粒程とごくわずかなので、身体に負担が少ない
  • 薬品、添加物、不純物は一切入っておらず副作用がないので安心

3.脂肪の幹細胞を使う。骨髄や滑膜からの採取と比べ体の負担が少ない。

POINT

幹細胞は脂肪の中以外に、骨髄や滑膜、内臓などにも存在します。それぞれに治療効果の違いなど特徴はあります。当院では採取するのに安全性が高く、世界でも今注目されている脂肪由来の幹細胞を使用しています。

脂肪由来の幹細胞を使用
  • 採取するのに安全性が高い
  • 骨髄や滑膜内臓の幹細胞より体への負担が少ない
イラスト:幹細胞を使用

自己脂肪由来幹細胞治療の流れ

幹細胞治療はご自身の脂肪を局所麻酔をしてからごく少量を採取し、約1ヶ月ほどかけて幹細胞を培養したあと関節に投与します。関節にメスを入れる手術は一切必要なく、身体に負担の少ない簡単な日帰りの治療となります。

  • お腹に手を当てる

    下腹部周辺を局所麻酔して5ミリほど切開し、脂肪を米粒2~3つ分ほど採取します。
    所要時間は20分ほどでほとんど痛みはありません。

  • スポイトとシャーレ

    CPC(細胞加工室)で培養する。
    約4~6週間ほどかかります。

  • 膝に注射

    培養した幹細胞を膝関節に注射します。

もう一つの再生医療
PRP(多血小板血漿)療法とは

PRP(多血小板血漿)療法とは、血液の中の血小板や成長因子だけを集めた成分のことをいいます。その成分には早く傷を修復する効果があります。その効果を利用してひざの痛みや炎症を抑えます。自身の血液を使うためアレルギーなどの副作用の心配はありません。
当院ではAPSと高濃度Acti-PRPを使用しています。

高濃度Acti-PRPは当院独自の作り方で一般的なPRPの数十倍の効果があります。抗凝固剤を含まないPRPとして今注目されています。

血小板の多い血漿

PRP治療の流れ

  • 採血

    採血

  • 遠心分離し血漿成分を抽出

    遠心分離し血漿成分を抽出

  • 患部へ注射

    患部へ注射

じゃあ、幹細胞治療と
PRP療法はどう違うの?

PRP治療では幹細胞が入っていないので軟骨を再生させる事はできません。ヒアルロン酸のように膝の炎症を抑える効果はあります。幹細胞による再生医療は唯一軟骨を再生させることができるのです。関節に入った幹細胞が軟骨に変化して再生させるのです。

膝の軟骨をつくることができるのは幹細胞だけということだね。PRPは自分の血液で、効果の強いヒアルロ酸をつくった感じだね。
  • PRP療法

    PRP療法

    血小板を多く含むPRPを取り出し、膝に注入

    幹細胞がなく、軟骨はできない

  • 幹細胞治療

    幹細胞治療

    身体から幹細胞を取り出し、
    膝に注入

    幹細胞から軟骨がつくられる

症例報告

Youtube

「Dr.サカモトの再生医療チャンネル」では、再生医療の実施ビフォーアフター動画も配信中です。幹細胞治療やPRP療法をはじめとした再生医療は、新しい治療法です。厚労省から認可を受けている当院にぜひ一度お問い合わせください。

sakamoto-youtube

概要と原因

加齢 肥満 外傷 女性ホルモン 半月板損傷 関節リウマチ 感染 など

変形性膝関節症は全国で推定3000万人の患者がいると言われています。原因として加齢、肥満、骨粗しょう、女性ホルモン、関節リウマチ、外傷後、感染症などがあります。発症は女性に多く男性の約4倍いると言われています。中年の女性に多いのは、閉経後のエストロゲンの減少によるホルモンのバランスの変化によると言われています。ヘバーデン結節のある人は変形性膝関節症になりやすいとも言われています。膝の表面は軟骨でおおわれていますが、その軟骨が傷つくとそこからプロテオグリカンやコラーゲンなどの成分が失われます。そうなるとさらに軟骨が摩耗してしまいます。
原因が不明なものが1次性変形生膝関節症、原因が明確なものを2次性変形性膝関節症といいます。

症状

  • 立ち上がる時に膝が痛い
  • 歩行時や階段時に膝が痛い
  • 正座ができない
  • 膝が完全に伸びない
  • 膝に水が溜まる
  • 初期

    軟骨がすり減り始める
    • 歩き始めや立ち上がるときに膝が痛い
    • 長時間歩くと痛み出すが、休むと治まる
  • 進行期

    軟骨のすり減りが進行、半月板が変形、滑膜の炎症
    • 正座やあぐらがつらい
    • 階段の上り下りがつらい
    • 膝に水がたまる
  • 末期

    骨自体も損傷し、膝が変形
    • 強い痛みで歩くことすら難しくなる
    • O脚やX脚に変形して足が伸びなくなる

初期

初期では膝の違和感を認め、徐々に動作時に痛みが生じてきます。
歩き始めや立ち上がりの動作のとき膝の内側が痛いという症状が多く見られます。

  • Grade Ⅰ

    Grade Ⅰ

    関節裂隙には変化はないが、わずかに骨棘形成、または軟骨下骨効硬化が認めらることも。変形性膝関節症の予備軍とも言える状態。

  • Grade Ⅱ

    Grade Ⅱ

    わずかながら関節裂隙の狭小(25%以下)が見られるが、骨の変形は確認できない状態。このグレードから、変形性膝関節症の診断となる。

  • Grade Ⅲ

    Grade Ⅲ

    関節裂隙の狭小が半分以上(50%~70%)まで進行した膝関節。骨棘形成や骨硬化像がはっきりと確認できる状態。

  • Grade Ⅳ

    Grade Ⅳ

    関節裂隙の狭小が完全になくなった箇所も見られる状態(75%以上)。著しい骨の変形が画像から認められる。

中期

立ち上がりの時だけでではなく、歩行時にも常に痛みが出現します。階段も苦痛となり、ひどくなると杖が必要となります。時には膝の擦れる音が鳴ることもあります。膝が完全に伸びなかったり、しゃがみ込みができなくなってきます。

末期

中期を過ぎて末期になると、O脚やX脚の変形が強くなり、歩く時も身体を揺らしながら歩くようになります。痛みはさらに強くなり、安静時や夜間にも痛みを感じることもあります。こうなると日常生活が困難となり、放置しておくと寝たきりになる可能性も高くなります。活動性が低下すると認知症という問題も出てきます。

画像診断

レントゲンやMRIで容易に診断がつきます。変形だけでなくMRIでは半月板損傷や靭帯の損傷、そのほかにも骨壊死や感染なども診断可能となります。
変形性膝関節症の進行度により4つに分けられます。(Kellgren-Lawrence分類(K-L分類)

関節液検査

膝が腫れている時には関節の中に水が溜まっている可能性があります。水がある時には必ず抜いてその水を検査に出します。それを検査することで、他の疾患との鑑別に使います。関節リウマチや偽痛風、化膿性関節炎などの鑑別診断に使われます。

血液検査

化膿性関節炎や関節リウマチなどの膠原病や痛風、偽痛風などの鑑別診断に使われます。

治療方法

脂肪由来の幹細胞による再生医療

脂肪由来幹細胞の再生医療は、ご自身の細胞と血液を使用するためとても安全性が高く副作用などのリスクが低いのが特徴です。

保存療法

膝の痛みに対し、ヒアルロン酸やステロイドの注射、理学療法などのリハビリテーションなどが中心に行われ、鎮痛剤の内服、足底板などの装具の作成も効果を認めます。

手術療法

ico-sakamoto

手術行うにあたって、必ず合併症のリスクが伴います。例えば血栓症、出血、感染症、神経障害などの合併症を伴うリスクがあります。特に肺血栓は命に関わる重篤な合併症です。

痛みが強く、ヒアルロン酸などの注射や保存療法では効果がなく日常生活も困難になるといよいよ手術を考えないといけなくなります。
手術は身体の負担もあり、手術後はつらいリハビリをしなければいけません、合併症のリスクも高いため術前に適応かどうかしっかりと調べてから行われます。

関節鏡視下術

膝に小さな穴を3つほど開けてそこに小さなカメラを入れます。カメラを見ながら、軟骨や半月板の損傷したところを除去します。変形がまだ初期の方に行われます。関節鏡をしても痛みが取れない方もよく見かけられます。関節鏡手術をしたからと言って、変形の進行が止まるわけでありません。一時的に痛みを取る手術となります。

高位脛骨骨切り術

変形性膝関節症の初期から中期にかけての変形でまだ膝が90度以上曲がる方に行われます。
やはり手術なので身体に負担がかかります。この手術方法は骨がくっつくまで入院が必要となり、2~3ヶ月ほどの入院を必要としその後も長期リハビリを必要とします。骨を切って矯正して金属のプレートで固定します。約1年ほどして骨が十分にくっついた時にプレートを取る手術を行います。

人工膝関節置換術(TKA)

ほとんど末期の方に対して行います。大腿骨と脛骨、膝蓋骨の骨を切り、セメントを使って人工関節を設置します。ただし、人工関節の手術をしても痛みが残るリスクもあります。また、人工関節を入れると膝が90度ほどしか曲がらないため、椅子生活が必要なります。

  • 関節鏡視下術

    関節鏡視下術
    メリット 2mmほどの小さな傷に抑えられる
    デメリット 重度の変形性膝関節症は適応しない
  • 高位脛骨骨切り術

    高位脛骨骨切り術
    メリット 自身の関節を最大限に温存できる
    デメリット 骨の癒合に時間がかかる
  • 人工関節置換術

    人工関節置換術
    メリット 痛みと歩行の改善が期待できる
    デメリット 傷跡、入院、リハビリなど負担が大きい

当院では、多くの患者さんに脂肪由来幹細胞の投与を行なってきました。身体に負担のかかる手術をするか迷われているときに当院を知り、再生医療をうけていただいています。簡単な注射だけで、痛みが激減し手術をしなくて良かったととても喜ばれています。

私も今後この再生医療は手術に取って代わる治療として世に広まればと願っております。

トップ