ひざの痛み Knee Pain

わたしが解説します!(理事長)

変形性膝関節症

男女比が1:4と女性に多く、全国で約3000万人いると言われています。ひざの関節の表面には多くの水分が含まれている軟骨で覆われており、歩行時の衝撃を和らげたり関節の動きを助ける働きがあります。

負担が増すと軟骨がすり減って、関節に炎症を起こし、歩行時に強い痛みを感じたり、関節内に水が溜まり腫れて曲がりにくくなったりします。

放っておくとひざの変形が進み、軟骨以外に半月板という組織の破壊もみられ歩行すら困難になっていきます。そうなると、ひざを守ってくれる筋肉も衰えていき、ますますひざに負担がかかるという悪循環に陥ります。

今までたくさんの方を外来で診察してきましたが、進行するとみなさん本当に辛そうに歩いてらっしゃいます。軟骨がすり減ってしまう前に、早いうちに治療を始めていただきたいと思っています。

正常な膝と変形性膝関節症

正常な膝

変形性
膝関節症

主な症状

  • 立ち上がる時に膝が痛い
  • 歩行時や階段時に膝が痛い
  • 正座ができない
  • 膝が完全に伸びない
  • 膝に水が溜まる

すでに診断や治療されている方

  • ヒアルロン酸注射しているが3日と持たない
  • 人工関節の手術や関節鏡の手術を勧められているが抵抗がある
  • 入院するための休みが取れない
  • 今の治療に成果を感じられない
  • 骨壊死があると言われた

※当院では痛みや症状に合わせた最適な治療をおこないます

従来の治療法

痛みの緩和のために、ヒアルロン酸やステロイドの関節注射、内服治療やリハビリテーションといった治療法しかありません。
しかし、それだけでは根本治療にはならず、徐々に症状は進行してしまいます。そして、いよいよ日常生活や歩行がつらくなると、注射が効かなくなり、身体の負担の大きい人工関節などの手術を勧められるのが一般的です。やはり多くの患者さんが「痛みを緩和するか、大きな手術をするか」という二者択一を迫られ、選択している状況です。そのため、手術を受けたくない方や手術を受けることができない方は、痛みを我慢して生活するしか方法がありませんでした。

変形性膝関節症に
対する当院の治療

現在の保険診療においては先述した従来の治療法を漫然と継続することにより、痛みは緩和できますが症状の進行を抑えることは出来ずに、手術という選択が出てきてしまいます。

しかし、現在はひざの再生医療という新しい治療法が出てきました。膝の再生医療とは、自身の細胞で軟骨損傷を修復し、症状の進行をおくらせ、痛みの改善といった効果を期待できる第3の選択肢です。

今までの治療で満足のいく効果が得られないが、他の選択肢がなくお困りの方や、どうしても手術療法は避けたいとお考えの方にすすめたいのが、この再生医療です。

再生医療は今、世界中で注目されている分野で、私もこの治療に出会うことで注射や手術しかないジレンマから新たな可能性を見出すことができました。

幹細胞治療の特徴

1自己の細胞による再生

幹細胞は臓器や皮膚、骨や筋肉にもなり得る細胞です。この性質を利用し、自身の幹細胞を培養して投与することで身体がダメージを受けている部分を再生できる可能性があります。

2身体の負担が少ない

ごく少量の脂肪をとるだけなので脂肪の少ない方や、高齢の方でも治療ができます。

3高い安全性

自身の血液や脂肪を利用するため、アレルギーや拒絶反応といった副作用の心配はありません。

4高い技術と安全性の
細胞加工施設

厚生労働大臣の許可を受けた国内トップレベルの高い培養技術を持ったCPC(細胞加工施設)による一括管理。

半月板損傷

半月板とは関節のクッションのような役割をしており、半月板損傷はスポーツやケガによるもの、加齢による変性で起こるものがあります。
スポーツやケガでは、膝の靭帯の損傷に合併して起こるものや、ジャンプやターンの動作などで膝に衝撃が加わった場合に損傷します。変性では、加齢により半月板が傷みやすくなっており、日常のちょっとした動作による軽微な外力でも損傷することがあります。
損傷すると関節が不安定になりそれに伴い周辺の組織の炎症や、軟骨がすり減り痛みが生じます。

主な症状

  • 歩行時の痛み
  • ひざの引っかかり感
  • ひざの腫れ
  • ひざが曲がりにくい

すでに診断や治療されている方

  • 早期に痛みを取り、社会復帰やスポーツ復帰をしたい
  • 長期間治療してきたが未だに痛みがあったり、ひざの動きが悪い
  • 関節鏡などの手術を勧められているが抵抗がある
  • 入院するための休みが取れない

※当院では痛みや症状に合わせた最適な治療をおこないます

従来の治療法

ヒアルロン酸やステロイドの注射で様子を見ます。それでも痛みが治まらず歩行時の痛みが強かったり、引っかかり感や痛みでひざを上手く曲げ伸ばしできないときは、関節鏡という手術をするしか選択肢はありませんでした。

半月板損傷に
対する当院の治療

さかもとクリニックでは、従来の治療は保険診療にて行っておりますが、新しい選択肢を提供できるようになりました。今までの治療で満足のいく効果が得られなかったり、どうしても手術療法は避けたいとお考えの方にすすめたいのが、新しい選択肢となる半月板の再生医療です。
自己脂肪から採取、培養した幹細胞を患部に注射することによって、ひざ関節の炎症を抑え痛みを軽減し、損傷した半月板や軟骨の修復や改善を促すという、今までにない画期的な治療方法です。
再生医療は手術にとって変わる最先端の治療として現在注目されています。

幹細胞治療の特徴

1自己の細胞による再生

幹細胞は臓器や皮膚、骨や筋肉にもなり得る細胞です。この性質を利用し、自身の幹細胞を培養して投与することで身体がダメージを受けている部分を再生できる可能性があります。

2身体の負担が少ない

ごく少量の脂肪をとるだけなので脂肪の少ない方や、高齢の方でも治療ができます。

3高い安全性

自身の血液や脂肪を利用するため、アレルギーや拒絶反応といった副作用の心配はありません。

4高い技術と安全性の
細胞加工施設

厚生労働大臣の許可を受けた国内トップレベルの高い培養技術を持ったCPC(細胞加工施設)による一括管理。

ひざ関節の靭帯損傷(膝の捻挫)の原因

膝関節は、前十字靭帯、後十字靭帯、内側側副靭帯、外側側副靭帯の4本と2種類の軟骨(骨の表面のツルツルした硝子軟骨、クッションの役割がある半月板)により構成されています(イラスト参照)。
上記4本の靭帯損傷はスポーツや外傷などで、膝に強い力がかかった場合に起こり、その力の方向によって損傷する靭帯が異なります。

一般的にはすねが外側に向けて強いチカラが加わる事により、内側側副靭帯損傷となります。また、すねが内側に向けて強いチカラが加わることにより、外側側副靭帯が損傷します。そして、ジャンプの着地時などにねじれが加わったりすることで前十字靭帯損傷が、交通事故やバイクでの転倒などで、すねに対して後方への強いチカラが加わった時に後十字靭帯損傷が生じます。

私が外来で診察してきたなかで最も頻度が高いのは内側側副靭帯損傷であり、スポーツでも日常でも、転倒する際によく起こっています。外側側副靭帯単独損傷は非常にまれです。かかるチカラの程度によっては複数の靭帯、半月板に損傷が及ぶこともあります。

主な症状

  • 歩行時の痛み
  • 関節がいつまでも腫れている

すでに診断や治療されている方

  • 早期に痛みを取り、社会復帰やスポーツ復帰をしたい
  • 長期間治療してきたが未だに痛みがあったり、ひざの動きが悪い
  • 関節軟骨の損傷(離断性骨軟骨炎、距骨骨軟骨損傷)と診断された

※当院では痛みや症状に合わせた最適な治療をおこないます

靭帯損傷といえば・・・
足関節の靭帯損傷(足の捻挫)

<足関節の靭帯損傷の原因>
スポーツの最中、段差を踏みはずした際に足を内側にひねって受傷します。日常生活でも、ハイヒールなどでひねることで受傷していたりします。
スポーツ外傷の中では最も頻度の高いケガです。足首を内側にひねる内返し捻挫が多く、足関節の外側にある腓骨と距骨をつなぐ前距腓靭帯を傷めます。
また、歩くときはほとんど痛みを感じなくても、走ったりジャンプをするとズキッと痛みが走ることがあります。このような症状が続く場合は「距骨骨軟骨損傷(きょこつこつなんこつそんしょう)」があることがあります。足首の関節の、距骨という骨の関節面の骨と軟骨がはがれてしまうのです。軟骨だけがはがれるとレントゲンでは分からず、はがれたかけらが小さいと、エコーでも分かりにくいことがあります。この距骨骨軟骨損傷は私の患者さんの中でも、他の病院で治療しても痛みが治まらず当院を受診されてMRI撮影などでよくよく調べてみるとこの疾患だったということが意外に多くみられています。

足首の外側の靭帯をいためた場合、約半数の人がなっているといわれています。単なる捻挫でも6%以上の人がなっているということです。

靭帯損傷(膝・足の捻挫)に対する当院の治療

靭帯の損傷、関節軟骨の損傷(傷離断性骨軟骨炎、距骨骨軟骨損傷)の初期に適切な治療を行わないと痛みや関節の不安定感といった後遺症が残ったり、また捻挫の反復の原因にもなります。
特にスポーツ選手にとっては常に最高のパフォーマンスを発揮できなくなります。当院で提供している最先端医療技術の靭帯の再生医療では、損傷した靭帯や軟骨(離断性骨軟骨炎、距骨骨軟骨損傷など)修復や改善を促します。手術にとって変わる最先端の治療として現在注目されています。
また、早期の機能回復を目指して、個々に合わせたリハビリテーションも提供することができます。
その他偽痛風、関節リウマチ、骨壊死など様々な原因から関節の痛みが生じます。当院ではそのような症状に合わせて最適の治療計画をご提案させていただきます。

幹細胞治療の特徴

1自己の細胞による再生

幹細胞は臓器や皮膚、骨や筋肉にもなり得る細胞です。この性質を利用し、自身の幹細胞を培養して投与することで身体がダメージを受けている部分を再生できる可能性があります。

2身体の負担が少ない

ごく少量の脂肪をとるだけなので脂肪の少ない方や、高齢の方でも治療ができます。

3高い安全性

自身の血液や脂肪を利用するため、アレルギーや拒絶反応といった副作用の心配はありません。

4高い技術と安全性の
細胞加工施設

厚生労働大臣の許可を受けた国内トップレベルの高い培養技術を持ったCPC(細胞加工施設)による一括管理。