トピックスtopics

膝の痛みで営業がつらい…どんな治療法がある?

営業で外回りをする必要があるのに膝の痛みで悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

電話での営業は限界があるので、無理をしてでも外に出るしかない…でも膝の痛みがつらい…など、毎日大変な思いをしながらお仕事をしている人もいるかもしれません。

今回は、膝の痛みが起こる原因や治療法について紹介します。

膝の痛みに耐えながら営業…その結果は?


どうしても仕事を休めず、膝の痛みに耐えながら、営業の仕事をすることもあるでしょう。

しかし、それが少しの間だけなら耐えられるかもしれませんが、長期に渡るとつらすぎますし、単に「つらい」というだけでなく、取り返しのつかない状態になってしまうことがあるかもしれません。

膝の痛みの原因として考えられることは多数あり、傷口からの感染による炎症や、筋肉痛、前日飲みすぎてしまったことによる浮腫みからの痛みなども挙げられます。

しかし、営業を仕事としている方の膝の痛みの多くは、長時間歩き続けたことによる膝関節への負担が多くを占めます。

歩行時には、どうしても膝に負担がかかりますし、長時間同じ場所に負担がかかりすぎてしまい変形性膝関節症などの病気を引き起こす可能性があるのです。

一過性の痛みであれば、ゆっくり休む、痛み止めを飲む、湿布を貼るなどで緩和することもできますが、変形性膝関節症のように、関節や軟骨の損傷が起きてしまうと自分で元の状態に戻すことはできません。

さらに怖いことに、いったん損傷の起きた関節は脆くなってしまっているため、治療せずに放置しているとどんどん症状が悪化していくことも多いのです。

営業でつらい膝の痛みは治療しよう!

膝の痛みの治療としては、薬物療法で痛みをコントロールする治療をした後に、改善が見られなければ骨切り術や人工関節置換術のような治療をするという方法が一般的です。

手術をすると膝の痛みを感じなくなる人がほとんどですが、薬物治療だけの段階でも、薬をもらうための定期的な受診が必要です。

手術後になると経過観察のほか、人工関節の確認も必要で、経年劣化が見られたり、そこから感染症となった場合は再手術のリスクもあります。

近年、注目されている膝の痛みの治療に再生医療があります。

再生医療は、自身の脂肪の細胞を用いることで損傷をうけた関節や軟骨の修復効果を期待する治療法です。

自身の細胞を用いるため、副作用が少なくて済むことや、外科的手術と比較すると治療期間が短く済むため、営業などの仕事への早期復帰が期待できます。

営業を仕事にしていて、膝の痛みがつらいという人は、この再生医療による治療を検討してみてはいかがでしょうか。

まとめ

膝の痛みを抱えながら、営業の仕事をするのはつらいですよね。

ですから、まずは状態確認のために、早めに医療機関を受診し、適切な診断・治療を受けるようにしましょう。

仕事の都合上、あまり休めない、少しでも早く仕事に復帰したいという人には、再生医療のような選択肢もあります。ぜひ、検討してみてください。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ