トピックスtopics

半月板損傷とは?どのような治療をするの?

膝の外傷のひとつである半月板損傷とは、どのようなものなのでしょうか。今回は、膝の痛みを引き起こすだけでなく歩行にも影響のある半月板損傷についてご紹介します。症状や治療法についてもまとめました。

半月板損傷とは?


膝関節には、半月板という板状の組織があり、大腿骨と脛骨をつなぎ、膝のクッション性や滑らかな動きに重要な役割を果たしています。半月板損傷とは、その膝関節にある半月板が損傷した状態のことをいいます。

半月板損傷はスポーツ外傷でも多くみられますが、これはジャンプやターンなどの動きが膝関節に負荷をかけるからです。

また、膝をひねったり、転んで膝を強く打ったりすると半月板損傷が起こることがあります。半月板は加齢によって変形するため、日常生活の中で半月板損傷が起こるリスクもあるのです。

半月板損傷の症状とは?

半月板損傷の症状とは、どのようなものがあるのでしょうか。

痛み

半月板の周囲には軟骨や腱、筋肉が存在するのですが、膝を捻ったりして強い負荷がかかると筋肉が収縮して痛みを引き起こすことがあります。

また、半月板が損傷すれば関節に炎症が起きます。炎症は損傷した部分を修復させようとする身体の反応ですが、これによって痛みが生じることがあるのです。

膝の引っかかり感

半月板の役割とは、膝関節を安定させることです。その半月板が損傷してしまうと、膝の動きが不安定になり、曲げ伸ばしをするときに引っかかる感じがします。

例えば膝の曲げ伸ばしをして「コキッ」という音がする、膝の動きに違和感があり歩きにくい、歩行時に「カクン」と膝が折れる感じがするという感覚です。

膝の曲げ伸ばしができない

半月板損傷がひどくなると、ロッキングという膝の曲げ伸ばしができない状態になることもあります。膝の引っかかり感から、突然ロッキングの状態になることがあるので注意が必要です。膝の曲げ伸ばしができないので歩行が困難になり、強い痛みを感じることもあります。

膝の腫れ

半月板が損傷すると、膝関節の中で炎症が起こるため膝が腫れてきます。また、膝に水が溜まり腫れてくる場合もあります。

半月板損傷の治療とは?

半月板損傷の主な治療は、保存療法と手術がメインでした。保存療法とは、痛み止めや炎症を抑える薬で症状をコントロールし、必要に応じて安静にする、リハビリを行うというものです。

それでも痛みが強くなる、ロッキングの状態になる場合は手術を検討します。損傷した半月板を縫い合わせる方法と、損傷した部分を取り除く方法があります。

どちらの方法でも治療が長期化することがあり、なかなか痛みがよくならない人もいます。

そんな中、半月板損傷の治療に再生医療という選択肢が注目されるようになりました。

再生医療では、自分の脂肪から採取・抽出した幹細胞を直接膝に注射します。そうすることで、膝関節の炎症を抑えて痛みが落ち着くだけでなく、傷ついた半月板や軟骨の修復が期待できるというものです。

まとめ

半月板損傷とは、膝関節にある半月板が傷ついた状態です。半月板は膝の安定性を守る重要な役割を果たすため、損傷すると痛みや引っかかり感、ロッキングといった症状が出現します。

これまで保存療法と手術がメインでしたが、近年は幹細胞を用いた再生医療という選択肢も期待されています。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ