トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 鵞足炎のときの湿布の貼り方【湿布の種類や選び方についても解説】

鵞足炎のときの湿布の貼り方【湿布の種類や選び方についても解説】

サッカーやマラソン、水泳、ラグビーなどで大きな負担が膝にかかると発症する鵞足炎。なんとかしてこの辛い痛みを和らげたい…そんな時は湿布が効果的です。

今回は湿布の貼り方、種類、選び方についてご紹介します。

鵞足炎の治療には湿布が効果的!湿布の貼り方は?

鵞足とは膝の近くにある縫工筋、薄筋、半腱様筋の3つの筋肉がくっつく部分を指し、ここに大きな負荷がかかることによって炎症が起きます。これが鵞足炎です。

鵞足炎は主に膝を内転させるようなスポーツや飛び跳ねたりすることが多いスポーツで発症しやすいと言われています。

鵞足炎の治療と湿布の貼り方

鵞足炎の治療方法のほとんどは鎮痛剤の内服、貼り薬、安静などの対処療法です。

なかでも湿布を処方されることが多いと思いますが、どんな風にどこに貼ればよいのか悩む人もいるのではないでしょうか。

鵞足は膝の内側部分にある出っ張った所がおおまかな目安となります。ここに立て方向に湿布を貼る事で効果を得ることができます。

湿布を貼る際に膝にかぶせるように湿布を貼る方がいますが、前述したとおり鵞足部は膝の内側の部分であり、ずれてしまうと十分な効果が得られません。

湿布には大きく分けて3つの成分があります。病院を受診し、適切なものを処方してもらい、正しい貼り方を教えて貰うと良いでしょう。

鵞足炎に効果が期待できる湿布の種類は?


鵞足炎の場合、急性期は冷湿布を貼って、まずは強い炎症を抑える必要があります。

その後の慢性期での痛みには非ステロイド抗炎症薬の湿布を用いて疼痛コントロールをすることが大事です。

湿布の成分について

湿布には大きく分けると3つの成分が用いられています。

▲サリチル酸メチル
植物にも含まれている成分で、昔から消炎効果が知られている成分です。冷湿布・温湿布など厚手のシート状のものが多いです。

▲カプサイシン
温湿布のほとんどに含まれている成分です。カプサイシンが表面の血管を刺激し、血流を促進。熱感やヒリヒリとした刺激を与え、感覚神経を麻痺させます。この作用によって、痛みが感じにくくなる効果が期待できます。

▲非ステロイド抗炎症薬
インドメタシンやイブプロフェン、ケトプロフェン、ロキソプロフェン、フェルビナク、ジクロフェナクなど、非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)と呼ばれる成分です。消炎効果・鎮痛効果に優れており、痛みを抑える効果が強いです。

湿布を貼っても鵞足炎が治らない…そんなときは?

鵞足炎になってしまい、湿布を正しい位置に貼っても痛みが治まらない、何度も鵞足炎を繰り返してしまい痛みに耐えるのが辛い…このような場合は、再生医療という選択肢があります。

現在ではPRP療法といって、自分の血小板を濃縮した液体を患部に注射し、血小板のもつ修復作用で病気を治すという治療法に注目が集まっています。

手術や入院は必要ないので、仕事や練習を長期で休まなくても良いという利点があります。

まとめ

鵞足炎になってしまったときの湿布の貼り方について紹介しました。

もしも運動中、膝の内側に強い痛みを感じたら、まずは冷湿布を患部に貼り、速やかに病院を受診しましょう。

長い期間湿布を貼っても痛みが治まらない、何度も鵞足炎を繰り返してしまうという場合は再生医療を選択することもできますよ。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ