トピックスtopics

鵞足炎が治せる!?最新治療について解説

サッカーや水泳、アメリカンフットボールなど、激しい運動をする人ならぜひ気を付けたい鵞足炎。一度発症すると繰り返し発症しやすく、アスリート達を困らせる厄介な病気です。

今回は鵞足炎の最新治療についてご紹介します。

鵞足炎にはどんな治療法があるの?


膝の周囲を取り囲むような形で3つの筋肉(縫工筋、薄筋、半腱様筋)が合わさる部分があります。ここを鵞足部といい、ここに炎症が生じる病気を鵞足炎といいます。サッカーや水泳など膝を内転させるようなスポーツ、不十分なウォーミングアップ、オーバーユースによる過度な膝への負荷が原因と言われています。

鵞足炎の治療法は?

鵞足炎は一度発症すると再発を繰り返しやすい厄介な病気です。

治療法は、貼り薬や鎮痛剤の内服、安静、無理のないストレッチなど、対処療法がメインになります。

しかし、現在は鵞足炎の修復や改善を促す最新治療法に注目が集まっています。

鵞足炎の最新治療法として再生医療という選択肢があります!

今までは対処療法で凌ぐことしかできなかった鵞足炎ですが、最新治療法として再生医療に注目が集まっています。

再生医療とは体がもつ再生能力を利用し、損傷した臓器や靭帯などを修復・改善する治療法です。この再生医療には大きく分けて2つの方法があります。

自己脂肪由来幹細胞治療

人の体の中には幹細胞というさまざまな組織や臓器になれる未分化な細胞があります。自己脂肪由来幹細胞治療とは、この幹細胞を取り出して培養し、一定量まで増殖させて患者本人の体に戻す方法です。

PRP(多血小板血漿)療法

人の血液の中には血小板という細胞があります。血小板には修復作用があり、怪我をした際に血液が固まるのはこの血小板のおかげなのです。

また、血小板には細胞を増殖させる作用があります。

PRP療法とは、まず採血をし、それを遠心分離して血小板が凝縮されたPRPを抽出し、患部へ注射をするという方法です。

再生医療って本当に大丈夫?鵞足炎の最新治療の実際

自分の細胞を取り出してまた戻して、それで本当に治るの?危険性はないの?と思う方もいるかもしれません。

しかし、再生医療はもともと自分の体に由来するものであり、他人からの臓器移植とは違ってアレルギー反応が無く、安全性が高い治療法と言われています。

また、田中将大選手や大谷翔平選手も肘の故障で再生医療を行なったことが有名です。

入院も手術も必要なく、体や環境面への負担が従来よりもかなり軽減されており、治療期間を短くすることができるというメリットもあります。

まとめ

今回は鵞足炎の最新治療についてご紹介しました。再生医療というと、まだまだ実感が湧かない方も多いかと思いますが、着実に日本でも一般的な治療法として浸透しつつあります。

繰り返す鵞足炎にお悩みの方は、再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ