トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 野球選手の肩の脱臼が癖になりやすい理由とは?再生医療が救世主になる!?

野球選手の肩の脱臼が癖になりやすい理由とは?再生医療が救世主になる!?


野球選手の中には、練習の中で肩を「脱臼」してしまう、しかも、それが癖になってしまい、脱臼を繰り返してしまう状態に陥ってしまう人もいると思います。

脱臼は痛みを伴いますし、とてもつらいですよね。

そこで、肩の脱臼が癖になってしまう原因と治療法について解説します。また、治療法の1つとして検討していただきたい再生医療についても紹介します。

野球選手が癖になることもある「肩の脱臼」とは?

そもそも「肩の脱臼」とはどのような状態なのかについて解説します。

肩の脱臼とは、上腕骨上部の頭部(上腕骨頭)が肩甲骨にあるくぼみから外れてしまうこと、いわゆる「肩が外れる」状態のことをいいます。

そして、肩は最も脱臼が発生しやすい部位であり、肩が強い力で関節から前方へ押し出されることで発生します。

外見上は肩がゆがんで見えることもありますし、激しい痛みを伴うことも特徴的な症状です。

治療に際しては、鎮痛薬や麻酔薬を投与したうえで、関節を元に戻す処置を行います。

肩の脱臼が癖になってしまう理由とは?

肩の脱臼が癖になる、つまり肩脱臼を繰り返してしまう理由は「関節唇」という部位が深く関わっています。

関節唇とは、肩関節の安定性を保つための重要な組織の1つであり、肩甲骨の受け皿の縁を囲んで関節包や靭帯とつながっていますが、肩が脱臼を起こすということは、この関節唇が損傷を起こし、肩甲骨からはがれてしまいます。

そして、脱臼が治ると関節の位置は元に戻るのですが、関節唇は元の状態に戻りません。

その結果、本来の関節唇の機能が十分に発揮されず、肩関節の安定性を確保できずに脱臼を繰り返してしまうのです。

肩の脱臼が癖になってしまった場合…その治療法とは?


肩が脱臼を繰り返せば、腕を大きく使う野球への本格的な参加は難しく、早急に治療を受ける必要があります。

通常の脱臼であれば手術を必要としませんが、癖になった脱臼(反復性肩関節脱臼)を治療するためには手術が必要になります。

手術は「関節鏡視下手術」と「直視下手術」の2種類があり、はがれた関節唇を元の位置に戻す手術を行います。

野球選手の肩の怪我は再生医療で治療ができる時代!

関節が外れやすくなると、肩関節や周辺組織の損傷を引き起こしやすくなり、そうなると、脱臼を治療できても肩の症状が残ってしまいます。つまり、脱臼によって引き起こされた関節や周辺組織の治療も必要になります。

骨や腱板などの損傷に対しては保存療法で対処することも多いのですが、治療期間を短縮する方法として「再生医療」が選択肢として挙げられます。

再生医療はスポーツ医療の分野でも注目されており、大掛かりな手術なしで治療期間を短縮できる可能性があり、早期のスポーツ復帰を目指すアスリートにとってメリットの多い治療法です。

まとめ

野球選手が肩の脱臼を繰り返し、癖になっている場合には、早目に治療を受けることをおすすめします。

そして、関節周囲にも損傷が及んでいる場合には、治療法の1つとして再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

再生医療は肩の治療期間を短縮できる治療法として活用できますから、できるだけ早期のスポーツ復帰を目指したい人には一考の価値があるといえます。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ