トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 野球選手にとって致命的な「肩の故障」は再生医療で治療できる

野球選手にとって致命的な「肩の故障」は再生医療で治療できる


野球選手にとって「肩の故障」は、選手生命にとって致命的な悪影響を及ぼす可能性が高いです。そんな肩の故障を治療する方法として知名度を高めているのが「再生医療」です。

そこで、肩の故障と再生医療について解説します。

肩の故障は野球選手にとって選手生命に関わる一大事!

野球選手の投球動作やテニスやバドミントンのスマッシュなど、スポーツの中には腕を大きく、かつ素早く振る動作を必要とするものも少なくありません。

そうしたスポーツを行うアスリートは肩を酷使する機会が多く、肩のスポーツ障害を発症する可能性が一般人よりも高くなってしまいます。

野球選手にとっても、肩の故障は選手生命にとって大きな問題となり得ますよね。

通常、痛みがある箇所を動かそうとすると、痛みや違和感などによって平常時と同じように動かすことが難しくなってしまいますが、野球選手の場合は、投球時に痛みなどの症状を感じることでベストパフォーマンスでの投球が難しくなり、特にピッチャーにとっては致命的です。

しかし、無理に投球動作を続けてしまえば、肩の障害はさらに深刻化し、症状の重症化と治療にかかる期間の長期化は避けられなくなります。

最終的に「手術」を必要とするケースも出てきますが、手術をしても、必ずしも発症前と同じパフォーマンスまで回復できるとは限りません。場合によっては手術が失敗し、肩の障害を改善できず、野球の世界から去らなければならない状態になってしまうことも考えられます。

野球選手の肩の故障は早期の治療が重要!


野球選手などのアスリートが肩の故障を致命的にしないためには、肩の異常を感じたら速やかに医療機関を受診し、適切な治療を開始することが重要です。

軽度な症状であれば、数週間の安静期間の確保によって症状を改善できる可能性があります。

症状が改善した後は、肩への負担を減らすためのフォームチェックやストレッチ、筋トレの実施などを続けることで、肩の故障リスクを減らしてくださいね。

野球選手の肩の故障にも効果が期待できる再生医療とは?

保存療法に必要な安静期間は、症状次第で大きく異なり、場合によっては1年以上の期間を使っても症状を改善できず、手術を選択する結果になることもあります。

しかし、手術にはリスクがつきまといます。

一方、「再生医療」は手術を必要とせず、従来の保存療法よりも短い期間でスポーツに復帰できる可能性を秘めた治療法です。

まだまだ日本では浸透していない治療法であり、利用できる医療機関は限られますが野球選手にとってメリットの多い治療法となります。

まとめ

野球選手にとって「肩の故障」は致命的になるため適切な治療を必要としますが、従来の治療法は野球選手にとって無視できないデメリットがあることも事実です。

すでに世界的な野球選手が再生医療を利用して故障を治した実績もあります!

肩の故障に悩む野球選手は、再生医療による治療も検討してみて下さいね。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ