トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 野球選手の肘の悩み「関節ねずみ」とは?再生医療で治る?

野球選手の肘の悩み「関節ねずみ」とは?再生医療で治る?


野球選手は、激しい体の動きによって、ケガのリスクが一般人よりも高くなってしまいます。とくに「肘」を酷使することで肘のロッキングや痛みの症状を呈することがあり、いわゆる「関節ねずみ」もその一種です。

そこで、野球選手の肘の悩みの1つである「関節ねずみ」について解説します。

また、最近注目されている再生医療の可能性についても紹介します。

野球選手の肘に発症することが多い関節ねずみとは?


「関節ねずみ」とは、剥がれ落ちた骨軟骨片や骨棘(こつきょく)が欠けて落ちることで発生する関節内遊離体の総称で、肘などの関節を酷使する野球選手などに見られることが多い症状です。

関節ねずみという名称は、遊離体が関節内をねずみのようにコロコロと動き回ることに由来しています。

関節ねずみの症状とは?

関節ねずみの症状は、第一に「肘のロッキング」です。関節の間に遊離体が挟まることで肘の可動域が制限され、肘が通常時よりも曲がらなくなってしまいます。

ロッキングの制限可動域は症状次第で異なりますが、野球などのスポーツをするときだけでなく、日常生活にも悪影響を及ぼす可能性が高いです。また、「肘の痛み」を訴えるケースも多いです。

関節ねずみを放置するとどうなるの?

関節ねずみが関節に挟まると、痛みと同時に肘の可動域が制限されてしまいます。日常生活にも支障をきたすレベルになることもあり、放置すれば生活の質を大きく下げる可能性があります。

また、遊離体を放置することで肘関節の損傷が起こりやすく、「変形性肘関節症」の原因および症状を進行させてしまうこともあります。

関節ねずみの治療法と再生医療について解説!

関節ねずみは、骨片や骨棘が完全に剥離していない場合には、保存療法を選択し経過を観察することがあります。しかし、完全に剥離して遊離体となっている場合には、自然治癒は難しいです。

症状が重い場合などは手術が選択されるケースもあり、関節鏡視下手術や骨軟骨移植などが選択されます。手術の場合は数日の入院期間と、数か月の安静期間が必要です。

しかし、野球選手に限らず、数か月も本格的に野球ができないとなると、選手生命にも支障をきたすことになりかねません。少しでも早いスポーツ復帰を考えるのであれば、「再生医療」という選択肢についても考慮してみてはいかがでしょうか。

再生医療とは?

再生医療は損傷した組織や臓器の修復を促す治療法であり、すでに世界中でスポーツ選手がケガの治療に再生医療を用いたという実績があります。すべての症例に適用できるわけではありませんが、肘の痛みや可動域の悩みを持つ野球選手は一考の価値がある治療法であるといえます。

治癒までの期間が短くて済む可能性がある、手術に比べて負担がかかりにくいなどのメリットがあります。

まとめ

関節ねずみの他にも肘の可動域が制限される、肘が痛むという症状は数多く考えられ、このような症状があると野球選手としての活動だけでなく日常生活にも支障をきたす可能性があります。

症状が見られたときには、第一に安静にすること、そして、早期に適切な治療を受けることが必要です。その際、治療法の1つとしてメリットの多い再生医療についても検討してみてください。

スポーツ外傷・障害の痛みは
手術しないで
再生医療で治す時代です。

  • スポーツへ早期に復帰したい
  • ステロイドを使いたくない
  • 慢性化した痛みや、捻挫などの外傷や腱鞘炎を早く治したい

こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ