トピックスtopics

水泳選手の肩の故障は再生医療で回復を


スポーツ選手は、一般人と比較して体を酷使することが多いので通常よりも怪我などのリスクが高く、いわゆる「故障」を起こせば選手生命が断たれる可能性もあります。

そこで、水泳選手の肩の故障に最適な「再生医療」について解説します。

水泳選手の肩の故障が多い理由とは?


水泳選手にとって「肩」という部位は極めて重要な部位です。

そして、水泳において推進力となり得るのは、主に腕と脚の動きです。

特に「クロール」「バタフライ」といった泳法は、水泳速度の高い泳法であると同時に、腕の動きの激しい泳法でもあります。

ですから、水泳選手が入水と出水を繰り返し、激しい肩関節の動きを伴うこれらの泳法の練習を繰り返すことで、肩関節には一般人では体験しないような負担がかかります。

結果、「水泳肩」と呼ばれる肩の故障を引き起こしてしまうのです。

水泳選手に見られる肩の故障「水泳肩」の症状と治療法について

水泳選手に見られる肩の故障「水泳肩」の症状として代表的なものは「痛み」です。

最初は肩の動きに関して「違和感」の形で異常を感じることが多くなるのですが、症状が進むにつれて痛みの症状が強くなります。

痛みは水泳のように肩の動きの大きな場合に感じることが多いのですが、症状が進むに連れて日常生活の安静時にも痛みを感じるようになってしまいます。

痛みを感じるため、水泳の動きにもトラブルが生じるようになり、選手生命にも大きな問題となる可能性が高いのです。

その他にも、筋肉の萎縮に伴う外見上の左右差が現れるのも特徴となります。

水泳肩の治療法

一般的に、水泳肩であると診断された場合、肩関節の安静が必要になります。

しかし、保存的療法だけで症状が改善しない場合は間接内部に強い炎症が発生している可能性が高く、ステロイド注射などによって炎症を抑える治療が必要になります。

また、腱板が断裂を起こしている場合には内視鏡手術を行い、腱板を修復しないと選手生命にも大きく関わることになるかもしれません。

水泳選手の肩の故障は再生医療で治療できる

従来の肩関節の症状に対しては、保存的療法もしくは手術療法のどちらかを選択するというケースが一般的でした。

現在はあらたに「再生医療」という選択肢も加わり、肩関節の炎症による痛みや腱板の損傷に対して早急かつ低負担で行える治療法を選択できるようになりました。

水泳選手の肩の故障、水泳肩のような違和感がある場合、早目に再生医療などの選択肢を含めた対処法を検討されることをおすすめします。

まとめ

水泳選手の肩の故障「水泳肩」は痛みによる生活の質の低下だけでなく、症状次第では選手生命にも深い影響を与えることになりかねません。

再生医療という新しい選択肢は、肩の故障に悩んでいる多く水泳選手にとって有益な治療法となることでしょう。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ