トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 再生医療でアスリートの膝の痛みを解消することができる!?

再生医療でアスリートの膝の痛みを解消することができる!?

アスリートは、一般の人よりも体を酷使する動きを繰り返すことで、膝や足にトラブルを抱えることが少なくありません。そして、膝の痛みはアスリートとしての寿命だけでなく、日常生活にも大きな影響を与えます。

そこで、アスリートの膝の痛みを軽減するための「再生医療」について解説します。

アスリートの膝のトラブルは選手生命に関わることも!


アスリートにとって、膝のトラブルは決して無視することができない問題です。

その理由としては「後発すること」と「選手として問題が生じること」が挙げられます。

アスリートは、一般的に考えられないほどに体を酷使するので、激しいトレーニングを繰り返すことで体への負担は蓄積し、特に負担のかかりやすい下半身のトラブルに発展しやすいのです。

その1つが「膝のトラブル」です。

ランニングやジャンプを繰り返す動作を行うアスリートの場合、特に膝への負担がかかりやすく、それによって膝のトラブルを引き起こしてしまいます。

また、膝の痛みはアスリートとしての活動にも問題が生じ、場合によっては選手生命にも深く関わってくる可能性も捨てきれません。

軽度であれば軽い痛みや違和感程度で済むのですが、重症化してくると痛みが強くなり、安静時にも痛みが生じることがありますし、膝の動きに悪影響を及ぼす可能性があります。

膝の痛みに対する治療にはどんな方法がある?

膝の痛みに対しては、発生しているトラブルや症状の程度にもよりますが、一般的に「痛みを軽減する治療」と「根本的な治療となる手術」のどちらかを選択することになります。

痛みを軽減する治療は保存療法といい、消炎鎮痛剤やステロイド注射を使用し、痛みの原因となっている炎症などの症状を軽減する処置を行います。

手術は、痛みの程度が強く、特にアスリート活動に差し支えるほどの症状である場合に用いられることが一般的です。

前者は根本的な治療にはならない可能性があり、後者は患者さんへの負担が少なくないというデメリットがあります。

アスリートの膝の痛みは再生医療で解消できる可能性があります!

保存療法や手術に代わる新しい選択肢としておすすめしたいのが「再生医療」です。

再生医療は大掛かりな手術を必要とせず、本人の細胞を利用することで患部の再生を促す医療で、保存療法よりも早期の治療効果が期待でき、しかも確実性が高く、従来の手術法よりも体への負担が少ない治療法として注目されています。

そして、アスリートにとっては、体にメスを入れることなく、早期にスポーツに復帰できる点が評価されている治療法でもあります。

まとめ

膝の痛みはアスリートにとって無視できないトラブルです。

膝の痛みに悩んでいるアスリートはもちろん、古傷により膝の痛みを感じている人も、体への負担が少なく、短期間で膝の痛みを解消する効果が期待できる「再生医療」を検討してみてはいかがでしょうか。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。

トップ