トピックスtopics

オスグッドシュラッター病を予防するためには?


オスグッドシュラッター病は成長期のスポーツ少年に多く見られる病気です。でも、だからと言って「スポーツするのをやめなさい!」とは言えないですよね。言えたとしても、この年齢の男の子は反抗期とも重なっているので、素直に聞き入れてくれるとは限りません。しかし、オスグッドシュラッター病には予防する方法があります。お子さんの成長を阻害しないために、適切な予防をしていきましょう。

オスグッドシュラッター病を発症しやすい年齢と性別は?

オスグッドシュラッター病は、小中学生の男子に多く見られる病気です。その理由は、この年代の男子が「成長期であること」と「スポーツを行っている子が多い」という点が挙げられます。

成長期になると、大腿四頭筋の柔軟性が低下してしまいます。要するに「太ももの筋肉が固くなる」という状態になります。そして、大腿四頭筋の柔軟性が低下している状態で「ジャンプ」「ダッシュ」といった、膝に負荷のかかるアクションを多く行うと、脛骨結節部が剥離を起こす可能性が高くなります。

これがオスグッドシュラッター病を発症する1つの原因です。

オスグッドシュラッター病を予防するためには?


オスグッドシュラッター病は、成長期の終了とともに発症リスクが大幅に低下しますから、成長期の年頃におけるスポーツの実施を最小限に抑えることが、オスグッドシュラッター病の発症を予防する最大の方法になります。

しかしながら、成長期の子供にとってスポーツはとても楽しいものであり、その時期に最も頑張りたいという子供も少なくありません。また、部活動への参加など、スポーツを多めに実施することを避けられない子供も多いでしょう。

ですから、予防のためにスポーツすることを止めるということは不可能に近いという現状があります。しかし、発症リスクを少しでも抑えるための予防を実践することができます。

オスグッドシュラッター病の予防方法

「ウォーミングアップ」と「クーリングダウン」を、スポーツの前後に必ず十分に実施することが、予防につながります。

これはオスグッドシュラッター病を予防するだけでなく、さまざまなスポーツ由来の病気・症状を予防することにつながり、お子さんの健康的な成長と安全なスポーツ実施につながります。

特に「運動後のアイシング」は、オスグッドシュラッター病を予防する大きな効果を発揮してくれます。

次に「足首の柔軟性を確保する」ことです。

オスグッドシュラッター病は膝の疾患ですが、足首の柔軟性もこの病気の発症に深く関わっています。そのため、足首の固いお子さんの場合、シューズの中敷きは衝撃吸収性の高いものやかかと部分が高いものを選ぶことで足首の柔軟性を確保することができ、オスグッドシュラッター病の予防につながります。

まとめ

オスグッドシュラッター病は、スポーツ少年にとって避けられない病気と言っても過言ではないかもしれません。しかし、例えば準備運動とアフターケアをしっかりすることや、適切な靴を選ぶことがオスグッドシュラッター病の予防につながります。

関節の痛みは手術しないで
再生医療で治す時代です。

注射が効かなくなった、手術しかないと言われた、こんなお悩みの方はお問い合わせください。