トピックスtopics

オスグッドシュラッター病とは?


「オスグッドシュラッター病」という病名を聞いて、どんな病気なの?と不安に思われる方も少なくないのではないでしょうか。また、子どもによく見られる病気なので、心配になったり、どんなことに気を付けてあげればいいのか知りたいという親御さんもいらっしゃると思います。そこで、オスグッドシュラッター病について解説します。

オスグッドシュラッター病とはどんな病気?

「オスグッドシュラッター病(オスグッド病、オスグッドシュラッター症候群とも呼ばれる)」とは、小中学生の男子に多く見られる病気です。

いわゆる「成長期スポーツ障害」の一種であり、脛骨結節部(「膝の皿」の下の骨)が引っ張られることによって痛みを引き起こします。

なぜ小中学生男子に多く見られるの?


オスグッドシュラッター病は「成長期スポーツ障害」の一種であり、この年頃のスポーツ習慣と成長の特徴が深く関わっています。

成長期は骨の成長をもたらしますが、筋や腱といった軟部組織も同じように発達するというわけではありません。骨の成長に対して軟部組織の発達が遅れることにより、この年代の子どもの体は固くなりがちなのです。

そして、学校の授業や放課後に体を動かすことが多い年齢でもあります。大腿四頭筋の柔軟性が低下している状態でスポーツを行いジャンプやダッシュといった脚に負荷のかかるアクションをすることによって、脛骨結節部が強く引っ張られてしまいます。

結果、脛骨結節部が剥がれたり炎症を起こすことによって痛みの症状が発生する病気です。

オスグッドシュラッター病の診断

オスグッドシュラッター病の診断は、レントゲン検査が効果的であるとされています。超音波検査が利用されることもありますが、より精密な検査が必要な場合にはMRI検査を実施することもあります。

どんなスポーツで発症しやすい?

基本的にスポーツであれば何でも発症する可能性がありますが、好発するスポーツとしては以下の内容が挙げられます。

●サッカー
●バレーボール
●バスケットボール
●陸上競技
●バドミントン

これらのスポーツは「ジャンプ」「キック」「ダッシュ」など、オスグッドシュラッター病を発症する原因となりやすいアクションを多く必要とするからです。

オスグッドシュラッター病の応急処置と治療

膝の痛みが強く、オスグッドシュラッター病であると疑われるときは、まずスポーツを休ませ、アイシングを行ってください。ストレッチを行うことも有効ですが、まずは専門医による診察を受けましょう。

痛みが強い場合には消炎鎮痛薬が有効です。超音波や低周波といった治療法が有効なケースが多いですが、稀に骨片摘出術や骨穿孔術などの治療を行うケースもあります。

まとめ

10~15歳くらいの年齢で、スポーツをする男の子にみられることが多い膝の病気「オスグッドシュラッター病」についてご紹介しました。痛みが出た時は、早期に回復するためにも、まずはスポーツお休みし、整形外科医の診断、治療を受けるようにしてください。

トップ