幹細胞治療

1歩先をいく再生医療脂肪由来幹細胞による肌の再生医療

いま注目されている肌の再生医療。
よく利用されているのは、「線維芽細胞」「幹細胞由来の培養上清」「PRP」です。

「線維芽細胞」は、真皮のコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸等の皮膚のハリを作る成分を作り出しますが、「幹細胞由来の培養上清」では細胞はつくることができません。

当院の「脂肪由来幹細胞」を用いた肌の再生医療では、培養した幹細胞そのものを入れます。肌の大事な成分を生成する線維芽細胞を再生するに留まらず、神経や血管にも分化するため、まさに皮膚の根本から若々しい肌を作り出します。
また美肌には必要不可欠な「皮膚バリアゾーン」の修復、再生を促します。
当院が目指すのは「真の肌再生」です。

脂肪由来幹細胞

ご自身の培養した幹細胞をダイレクトに注入。
肌に必要な成分だけでなくバリア機能や血管にも作用

||
真の肌再生

期待できる効果

  • ① バリア機能再生
  • ② 線維芽細胞の再生によるコラーゲン生成
  • ③ 皮膚の神経や血管の再生

他の治療との比較

療法 人工物によるシワの治療 線維芽細胞による皮膚再生 脂肪幹細胞による皮膚再生
材料   自身の線維芽細胞 自身の脂肪幹細胞
効果
(個人差があります)
3~10ヶ月 1~2年 2年以上
  線維芽細胞再生によるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成 線維芽細胞再生によるコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸の生成
バリア機能再生
神経、血管再生
安全性 アレルギー反応の可能性あり 自身の細胞を使うので高い安全性 自身の細胞を使うので高い安全性

FEATURES

  • 検査中
    01

    国内でも数少ない脂肪由来幹細胞を使用した肌の再生医療です。

  • 施術中
    02

    プライベート空間でほっと落ち着きながら治療を受けることができます。

  • エステティシャン
    03

    メディカルエステティシャンによる「再生医療エステ」を同時に受けることができます。

  • エステティシャン
    04

    ご自身の培養した幹細胞を使うため副作用の心配はほとんどありません。

  • 肌のケア
    05

    麻酔クリームを使用しますので施術中はほとんど痛みも感じません。
    ※ダウンタイムは1日~数日続くことがあります。

FLOW

STEP01

カウンセリング

患者さまとのカウンセリング・診察にてご要望・お悩みを伺い、お肌の状態や、ご希望に合った施術をご提案させていただきます。
当クリニックでは患者さまにご納得いただいたうえで、施術を開始することを大切にしております。どうぞごゆっくりご検討ください。

カウンセリング中
STEP02

血液検査

施術をご決断されましたら、まず初めに患者さまの血液検査を行います。血液検査では、患者さまの感染症のチェックをいたします。血液検査の結果により施術が可能か判断いたします。

注射
STEP03

脂肪採取

身体の一部から米粒2~3粒程のわずかな脂肪を採取します。傷口は5ミリほどで、局所麻酔を行いますので殆ど痛みはありませんので痛みに弱い方でも安心です。また、細胞培養に使用する血液も採取いたします。
採取した脂肪から幹細胞を取り出し培養いたします。培養には個人差があり約1~3ヶ月程かかります。

お腹
STEP04

培養した幹細胞を肌に注入

麻酔クリームを塗布した後、幹細胞を注入します。麻酔クリーム塗布によって殆ど痛みは感じません。当院では幹細胞注入にお顔にまんべんなく注入できる水光注射と注入後の内出血や腫れを軽減させるためマイクロカニューレを使用しています。

顔に注射
STEP05

アフターフォロー

ダウンタイムは数日間針の跡などが残りますが、その日から軽いお化粧、また洗顔も可能です。施術後の経過で気になる点がございましたら、いつでもご相談ください。

顔を洗う

ADAPTATION

適応箇所

副作用、リスク

まれに発赤、腫脹、内出血、色素沈着、乾燥、痒みが起こることがあります。一過性なもので数日で消失します。

治療を受けられない方

  • ・感染症検査(梅毒、B型肝炎、C型肝炎、HIV(エイズ)、HTLV-1(成人T細胞 白血病)陽性の方
  • ・抗生物質に対して過敏症の既往歴のある方
  • ・小児、妊娠中、妊娠している可能性がある方
  • ・そのほか、担当医が不適当と判断した場合

※本資料に記載されている表現は日本国の医薬品医療機器等法(旧薬事法・化粧品表示公正競争既約等に基づく化粧品・医薬部外品として認められた効能・効果を示すものではありません。

トップ