NK細胞免疫療法 NK IMMUNOTHERAPY

高活性NK細胞免疫療法

生まれつき備わっているがん細胞やウイルスの「殺し屋」と言われるNK細胞を自身の血液から採取し、培養して身体に戻すことでがんの予防や免疫力を高めることを目的とした医療です。

※当院では現在、健康な方に対して今後病気にかかりにくい身体にするための免疫療法を行っております。がんの治療中の方はお受けすることができません。

スポイトで抽出

まずNK細胞について

NK細胞はナチュラルキラー(Natural Killer)細胞の略称で、1970年代に発見された細胞です。血液中に存在する細胞で免疫細胞のひとつです。白血球の一種でリンパ球中の約15~30%しか存在していません。

「Natural」はこの場合「生まれつきの」という意味で「Kiiler」は「殺し屋」。つまり生まれ持ってがん細胞やウイルス感染細胞に対して高い攻撃力を持つ細胞で、全身をパトロールし、免疫力を維持するのに必要な細胞です。図でいう自然免疫にあたります。

NK細胞などのリンパ球を用いた免疫細胞療法はすでに大学病院などで十数年にわたって研究や治験として行われてきており、臨床医学応用も行われております。こうした大学病院はすでに十数か所あり、いま大変注目されている免疫細胞療法です。

イラスト:自然免疫が獲得免疫に異物の侵入を知らせ、菌を撃退

NK細胞療法って
どんな医療?

NK細胞療法は、血液中のNK細胞を体外へ取り出し、特異的に刺激を与える物質を加えて培養することでNK細胞を選択的に増殖することができます。
特定の条件下で培養することで活性化(殺傷能力を高める)するとともに、その数も100倍~1,000倍に増加させます。

患者様の体内へ投与されたNK細胞が身体中をパトロールし、免疫力を向上させることが出来ます。がんの予防やがんの再発予防、また、他の病気にかかりにくいカラダを目指す医療なのです。

治療の流れ

STEP01

採血する

STEP02

血液を分離する

STEP03

NK細胞を培養する

STEP04

2~3週間培養する

STEP05

NK細胞は数百~数千倍に増える

STEP06

点液で体内に戻す

NK細胞を再度体内に戻すことで免疫力が数十倍に高まり、がんなどの病気にかかりにくい身体を作ることができます。
また、NK細胞は活性化に伴い攻撃力が高まるとともに、がん細胞を見つける力も強くなります。
また、がんの治療が終了したが再発の予防をしたいという方にもオススメの医療です。

なぜNK細胞療法が、がんに良いのか

  1. 免疫細胞療法の中でもNK細胞は攻撃力が強く、がん細胞を狙い撃つ
  2. がんは免疫の病気の為、活性NK細胞療法は最適な治療法
  3. 患者さん自身の血液より増殖・活性化する治療の為、安心
  4. 難治性がんと診断された方の治療にも可能(当院は予防目的での施行となるため治療ではお受けできません)
  5. ほとんどのがんに適用が可能(血液がんの一部を除く)
  6. 副作用は少なく、高齢の患者さんにも最適(まれに軽度の熱が出ることもあります)
  7. 他のがん治療と併用可能(三大治療との併用も可能で、抗がん剤による副作用の改善につながる)
    ※当院は予防目的での施行となるため、併用治療はお受けできません
  8. 通院による治療(入院の必要はない)

第4の免疫療法とは

がんの治療法には手術療法、化学療法、放射線療法の三大療法があり、がんの種類や進行度合いによって単独であるいは組み合わせて用いられています。この中で手術療法は治癒の可能性が高いものの、多くは比較的早期のがんが対象となります。
がんが進行して末期状態の場合、様々な部位に転移を起こしているため、手術をしてもいたずらに体力を奪われるだけで抗がん剤も効果がなく、「がんの治療」を行うことが困難となり、治癒する確率が著しく低下してしまいます。

その場合には化学療法が選択されますが、白血病などの一部を除き、治癒を期待することは難しく、延命を主眼に置いた治療となります。
しかし化学療法には問題点があり、副作用が非常に強いことや奏効率(一定期間、腫瘍が消失もしくは一定レベル以上縮小する割合)が2~3割ほどしかないということで、わかりやすく言いますと、7割程度の患者様には効果がなく副作用だけがあるという事になります。
さらに化学療法には治療開始当初に効果があったとしても一時的なものが多く、いずれは効果がなくなってしまいます。

新緑から光が差す

そこで、一つの免疫細胞療法が第四の治療法として確立されつつあります。免疫細胞療法は多くの大学や研究機関により研究された歴史があり、多くの治癒効果が認められた症例が多数報告されている治療法です。

免疫療法は本来みなさんが持っている免疫の働きを強化して、抗腫瘍効果を担う治療法であることから、副作用が非常に少ないという利点があります。
また三大療法(手術、抗がん剤、放射線)との併用も可能で、その併用により相加・相乗効果も期待できる治療法です。

※当院では現在、健康な方に対して今後病気にかかりにくい身体にするための免疫療法を行っております。がんの治療中の方はお受けすることができません。

果物やスムージー
トップ