CAT細胞免疫療法 CAT IMMUNOTHERAPY

自家CAT細胞療法

がん細胞やウイルスを根絶するキラーT細胞を、自身の血液から採取、培養して体内へ戻すことでがんの予防や免疫力を高めることを目的とした医療です。CAT療法は、NK細胞療法の効果が少ない場合に行うことが多い治療法となっております。

※当院では現在、健康な方に対して今後病気にかかりにくい身体にするための免疫療法を行っております。がんの治療中の方はお受けすることができません。

試験官に液体を注入

まずT細胞について

T細胞はリンパ球の一つで、樹状細胞より病原体の情報を受けて司令塔として働く「ヘルパーT細胞」、病原体を攻撃する『キラーT細胞』、過剰に働いた場合にはブレーキをかける「サプレッサーT細胞」に分類されます。

樹状細胞より病原体の情報を受けてヘルパーT細胞が司令塔になり、そこから命令を受けたキラーT細胞が病原体を攻撃します。同時にヘルパーT細胞はB細胞にも命令出します。
同じく命令を受けたB細胞は抗体というミサイルを作り病原体を攻撃します。これは図でいう獲得免疫にあたります。

イラスト:自然免疫が獲得免疫に異物の侵入を知らせ、菌を撃退

CAT療法とは

CATとはCD3 Activated T Lymphocyteの略で、活性化されたリンパ球を使った免疫細胞療法です。
主に、図でいうキラーT細胞を血液中から取り出し、特定の条件下で培養し活性化(殺傷能力を高める)すると共に、大量に増やします。体内に再び投与された細胞はがん細胞やウイルスを攻撃し、免疫力を高めて病気になりにくいカラダを目指す医療です。

CAT細胞療法の仕組みと治療の流れ

STEP01

採血する

STEP02

血液を分離する

STEP03

T細胞を培養する

STEP04

2~3週間培養する

STEP05

T細胞は数百~数千倍に増える

STEP06

点液で体内に戻す

数十倍に増幅されたキラーT細胞が身体のすみずみまで働き、病原体をやっつけてくれることにより、がんや様々な病気にかかりにくい身体を作ることができます。
また、がんの治療が終わったが、再発の予防のために免疫力を高めたい、という方にもオススメです。

がん治療における第4の免疫療法とは

がんの治療法には手術療法、化学療法、放射線療法の三大療法があり、がんの種類や進行度合いによって単独であるいは組み合わせて用いられています。この中で手術療法は治癒の可能性が高いものの、多くは比較的早期のがんが対象となります。
がんが進行して末期状態の場合、様々な部位に転移を起こしているため、手術をしてもいたずらに体力を奪われるだけで抗がん剤も効果がなく、「がんの治療」を行うことが困難となり、治癒する確率が著しく低下してしまいます。

その場合には化学療法が選択されますが、白血病などの一部を除き、治癒を期待することは難しく、延命を主眼に置いた治療となります。
しかし化学療法には問題点があり、副作用が非常に強いことや奏効率(一定期間、腫瘍が消失もしくは一定レベル以上縮小する割合)が2~3割ほどしかないということで、わかりやすく言いますと、7割程度の患者様には効果がなく副作用だけがあるという事になります。
さらに化学療法には治療開始当初に効果があったとしても一時的なものが多く、いずれは効果がなくなってしまいます。

新緑から光が差す

そこで、一つの免疫細胞療法が第四の治療法として確立されつつあります。免疫細胞療法は多くの大学や研究機関により研究された歴史があり、多くの治癒効果が認められた症例が多数報告されている治療法です。

免疫療法は本来みなさんが持っている免疫の働きを強化して、抗腫瘍効果を担う治療法であることから、副作用が非常に少ないという利点があります。
また三大療法(手術、抗がん剤、放射線)との併用も可能で、その併用により相加・相乗効果も期待できる治療法です。

※当院では現在、健康な方に対して今後病気にかかりにくい身体にするための免疫療法を行っております。がんの治療中の方はお受けすることができません。

果物やスムージー