糖尿病 Diabetes mellitus

糖尿病について

私たちは日々、食事をしています。食事で摂取する炭水化物は、腸でブドウ糖として吸収され、血液に溶かし込まれます。その際にインスリンというホルモンがすい臓から分泌され、その手助けのもとブドウ糖は細胞に取り込まれ、身体のエネルギー源となっていきます。もしもインスリンの働きが不十分だったり、インスリンの処理が追い付かないほどのブドウ糖が増えたりした場合、血液中にエネルギー源にならないブドウ糖が余ることになります。この「血液中のブドウ糖(血糖値)が一定の割合を超えた状態」のことを「糖尿病」といいます。

正常と糖尿病の違い

正常

すい臓から分泌されたインスリン君が、血液中のブドウ糖を取り込み、身体のエネルギー源に。血液中の糖の割合を一定に保つ働きをするインスリン君。

糖尿病

すい臓が疲れて分泌されるインスリン君の数が少なくなってしまい、糖の取り込みが進まず、血液中のブドウ糖が一定数以上に増えてしまった状態。

一般的な糖尿病の治療法

初期治療

糖尿病は現在、一度発症したら完治しない病気といわれており、血糖値を正常値に保つことでコントロールをする疾患であるといわれています。一般的な治療方法は、主に生活習慣を改善すること、つまり食事療法、運動療法を行うことになります。

運動療法
食事療法

中期~後期治療

それでも血糖値のコントロールがうまくいかない場合に、薬物療法を行います。まずは内服薬から始まりますが、膵臓からのインスリン分泌が極めて少ない状態や、全くない状態になった場合はインスリン注射による治療となります。

インスリン

なぜ血糖値をコントロール
しないといけないのか?

血糖値が高いと血液中に終末糖化産物(AGEs)というものが産まれ、それにより血管や神経、臓器を侵され様々な合併症が起こってしまいます。合併症を引き起こしてしまい、重症化してしまうと目が見えなくなったり、腎機能が低下したり、壊死によって四肢を切断しないといけなくなってしまいます。まだこの他にも様々な合併症があり、これが糖尿病の一番恐いところです。

しかも、意外なことに糖尿病患者の死因第1位は、ガンです。糖尿病により、ガンになる総リスクは、20~30%増加し、種別ガン罹患リスクは肝臓ガンが1.97倍、すい臓ガンが1,85倍、大腸ガンが1,40倍とかなり高い数字が厚生労働省や糖尿病学会により発表されています。

不規則な習慣も原因の一つですが、何より高血糖状態が続くとガン細胞を増殖する要因になるといわれています。糖尿病はガンに侵されやすくなる病気だということも知っておくべきです。また、先に記述してあるように糖尿病は一度発症したら完治しません。前述した一般的な糖尿病の治療内容は、一度発症すると一生付き合い続けていかないといけない病気なのです。

わたしが解説します!(理事長)当院での治療

当院では従来の治療方法は行いません。
自分自身の細胞を利用して行う、「自己脂肪由来幹細胞治療」によって
私たちが元々もっている「血糖値を下げる機能」を修復する事で治療します。

幹細胞の点滴投与(静脈注射)

自己脂肪由来幹細胞は、損傷した組織に働きかけ組織を修復する性質があり、弱った部分に直接幹細胞を送り込むことで修復を促します。関節や筋肉の疾患には、直接注射をすれば幹細胞は患部へ到達しますが、体内の臓器には直接注射をすることは出来なく、血管をたどってしか到達できません。この点滴投与に対して認可を受けている医療機関がとても少ない実情がありますが、当クリニックでは、糖尿病の治療を目的とした再生医療を受けることが可能です。

糖尿病の再生医療において期待できる効果

従来の糖尿病の治療として、先述した食事療法や運動療法による生活改善や、血糖値を下げる薬の服用、インスリン注射により治療法がありますが、どれも根本的な治療法ではなく、糖尿病の進行を抑える効果しかありません。幹細胞を投与することにより、糖尿病の原因であるすい臓に幹細胞が働き、修復・機能再生を促し、血糖値のコントロールが再び正常に機能する可能性が見込めます。さらに、糖尿病に伴う炎症を抑制する効果も得られ、合併症状が改善されることも期待されます。

※身体の中を1億の幹細胞が駆け巡るので、他の弱った臓器も同時に改善されるなど、想定外の嬉しいことも期待できます。

弱った
すい臓

元気な
すい臓

実際、治療により劇的に血糖値の数値が改善されている方もいらっしゃいます。
個人差があるので「絶対に治ります」と断言できないのですが、

  • インスリンから離脱できる可能性がある
  • 薬の服用や、運動や食事制限を「しなければならない」日常から解放されるかもしれない

こういった可能性が見出せることが、従来の治療法とは大きく違うところです。

脂肪由来幹細胞の点滴投与(静脈注射)による糖尿病の再生医療は、完治しないといわれる糖尿病の症状を根本的に改善できる可能性のある、画期的な治療です。

※当院での糖尿病治療の再生医療は、2型糖尿病の方に対して症状の改善が期待できます

治療の流れ

STEP01

下腹部周辺を5ミリほど切開し、
米つぶ2粒程度の脂肪を採取

STEP02

CPC(培養施設)で培養・増殖
※約4~6週間

STEP03

点滴