トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • テニス肘とゴルフ肘の正しい治し方となりやすい条件とは

テニス肘とゴルフ肘の正しい治し方となりやすい条件とは

テニス肘ゴルフ肘直し方

テニス肘は肘の外側、ゴルフ肘は肘の内側が痛くなる症状です。どちらもそのスポーツの初心者の方に多いという特徴があります。また、スポーツ活動だけでなく、日常生活の中で肘や前腕の筋肉に軽微な外力による負担を蓄積することでも同じような症状が出てきます。今回は、テニス肘やゴルフ肘の治し方についてご紹介していきます。

テニス肘とは

テニス肘は、正式名称を外側上顆炎と呼びます。上腕骨の遠位部にある外側上顆で炎症が起きてしまう病態です。外側上顆は肘の外側にある、出っ張っている骨なので、体表からも容易に触診することが出来ます。発生機序としては、テニスのバックハンドなど、手首や指を反らすような動きを繰り返すことによって起こります。外側上顆には前腕の伸筋群が起始している部分なので、伸ばす、反るといった動作がもっとも影響を与えやすいのです。また、テニスのプレーだけでなく、日常生活動作の積み重ねでもテニス肘を起こします。例えば手のひらをしたにした状態でお鍋の柄を掴んだり、洗濯物を洗濯機の中から取り出したりする動作などで負担がかかります。一回一回の動作によるダメージはそれほど大きくなくても、疲労が少しずつ蓄積することでテニス肘を発症するのです。外側上顆炎をテニス肘と呼ぶことが多いので、テニスを全くプレーしていない方でもテニス肘になるのです。テニス肘になると、フライパンが持てない、ペットボトルの蓋が回せないなど日常生活動作でも支障が出てきます。

ゴルフ肘とは

ゴルフ肘は、内側上顆炎という病態のことを指します。外側上顆同様に、上腕骨の遠位端部に位置しています。内側上顆も骨の形状が出っ張っているので、体表から触診することが簡単にできます。内側上顆には前腕の屈筋群が起始していて、手首や手指の屈曲や回旋運動に深く関与しています。ゴルフで地面を叩いてしまったり、体幹が上手く回転せずに手の力だけで打ったりするようなフォームを繰り返していると、前腕の屈筋群に余計な力が入ってゴルフ肘を発症します。主に後ろになる手でゴルフ肘が発生しやすいので、右打ちの方は右肘、左打の方は左肘がゴルフ肘の症状が出やすいと言えます。ゴルフ肘も日常生活の中でかかる負担によっても同じ症状が出ることがあり、ゴルフのプレーだけが発生原因とは限りません。重い物を何度も運ぶようなことを繰り返していれば、前腕の屈筋群に力が入ってダメージを蓄積してしまいます。ゴルフ肘になると、肘の屈曲や伸展、手首の屈曲、手指の屈曲といった動作で力が入ると肘の内側が痛くなります。

テニス肘やゴルフ肘の治し方

テニス肘やゴルフ肘を治すにはどのような対処法があるのかご紹介していきます。

ストレッチを行う

テニス肘もゴルフ肘も、前腕の筋肉が緊張したり過度な負担がかかったりすることによって発生します。筋肉が硬くなっていることは間違いないので、前腕の筋肉をストレッチすることが有効です。テニス肘の場合は特に前腕の伸筋群、ゴルフ肘の場合は特に前腕の屈筋群を入念にストレッチすることが重要です。肘を伸ばした状態で、手首を屈曲方向に他動的に曲げると前腕の伸筋群のストレッチが出来ます。逆に、手首を伸展方向に他動的に曲げると前腕の屈筋群のストレッチが出来ます。どちらのストレッチも、肘の関節が伸びている状態で行うことがポイントです。前腕の屈筋群も伸筋群も、肘関節と手関節をまたぐ筋肉なので、肘が伸びていないとストレッチ効果が半減するのです。

筋肉を温める

筋肉を温めることで血流がよくなるので、緊張緩和に繋がります。テニス肘もゴルフ肘も、お風呂に入った後に少し症状が軽くなるというケースも多いです。それは筋肉が温まったことで柔軟性を取り戻し、外側上顆や内側上顆にかかる負担を軽減できているということでもあります。テニス肘の場合は前腕の伸筋群を中心に、ゴルフ肘の場合は前腕の屈筋群を中心に温めます。温め方としては、電子レンジなどで作る蒸しタオルをあてがう方法や、お風呂でしっかり温まるという単純な方法で十分です。冷やさないという対策も重要なので、長そでを着たり、上腕から前腕まで覆うことができるサポーターをしたりするのも良いでしょう。ホッカイロを活用するのも有効です。

温熱療法を受ける

前述の方法では、自宅などでできる筋肉の温め方をご紹介しました。それとは別に、整形外科や接骨院などで受けられる温熱療法も効果的です。筋肉を温めるという点では全く同じですが、温熱治療器を使えば芯の部分からしっかり温めることが出来ます。赤外線治療器なら、体表よりもむしろ深部を温めることができるので、効率的です。さらに、ホットパックという道具もあり、蒸しタオルなどと違って温度が徐々に下がることなく一定を保つことができるので、自宅で行うよりもよく温まります。

電気治療を受ける

電気治療は、整形外科でも接骨院でもどちらでも可能です。保険適応になれば数百円と安い金額で受けることが出来ます。電気治療器にはいくつか種類があり、低周波治療器や干渉波治療器といったものがあります。どちらもテニス肘やゴルフ肘の治療において、効果を発揮してくれます。電気刺激を送ることで、テニス肘やゴルフ肘の原因となっている前腕の伸筋群と屈筋群の血流を良くすることが出来ます。血流が良くなれば代謝が向上し、疲労物質も早く流れてくれます。それによって筋肉の緊張も取れやすくなりますし、外側上顆や内側上顆の負担も軽減されます。しかし、稀に電気治療を受けた後に肘の痛みが悪化してしまうというケースもあります。その場合、電気刺激が強すぎたということも考えられるので、電気を弱くして試してみてください。それでも悪化するようなら、その他の温熱療法や手技療法で代替するべきです。人間は強すぎる刺激に対しては、無意識のうちに筋肉を硬直させる防衛反応が働くので、電気が強すぎるとテニス肘やゴルフ肘の症状は悪化してしまうのです。

運動療法を受ける

肘関節の屈曲や伸展、手関節の屈曲や伸展、手指の屈曲や伸展、といった動作をスムーズに行えるようにするために、運動療法を受けるのも効果的です。どれもテニス肘やゴルフ肘の発生リスクに関わる動作であり、動かし方が間違っているとすぐに再発もします。また、テニス肘やゴルフ肘の痛みが軽減してからは、筋力を強化することも重要です。前腕の屈筋群と伸筋群、肘の屈曲動作に関わる筋肉を強化することで、テニス肘やゴルフ肘の再発予防にも繋がります。最初はあまり大きな負荷でやらなくても良いので、500mlのペットボトルを上げ下げする程度の運動が良いでしょう。

マッサージを受ける

前腕の屈筋群や伸筋群をマッサージしたり、上腕、肩甲骨周辺のマッサージをしたりすることが重要です。マッサージをすることによって筋肉の緊張を取り除き、内側上顆や外側上顆にかかる牽引力を軽減するのです。なぜ上腕や肩甲骨周辺までマッサージが必要なのかというと、上肢帯の動きが悪いと自由上肢骨に大きな負担がかかるからです。肩甲骨の動きが悪ければ、肩を挙げるときに肘関節がそれを代償しようとします。その結果前腕にも負担をかけ、テニス肘やゴルフ肘のリスクを高めるのです。しかし、マッサージをあまりにも強い力でやりすぎると、かえって自分の体を守ろうとして筋肉が硬くなることもあるので、マッサージが強ければ強いほど良いという勘違いは無くした方が良いでしょう。

整体を受ける

テニス肘やゴルフ肘の治癒を早くするためには、全身のバランスも整えた方が良いです。背骨のゆがみや骨盤のゆがみがあるせいで、前腕に大きな負担をかけることがあるのです。テニス肘やゴルフ肘の発生機序として、単に前腕の屈筋群や伸筋群の使い過ぎということがあるだけでなく、それらの筋肉に負担をかけざるを得ない体のバランスが隠れています。例えば猫背やストレートネックなど、肩甲骨の動きが悪くなるような姿勢だと、上肢全体の動きが悪くなります。通常よりも前腕の屈筋群や伸筋群に大きな負担をかけるようになるので、テニス肘やゴルフ肘のリスクが高まるのです。肘や前腕の治療を集中的に行っても痛みがなかなか軽減しない場合は、背骨のゆがみが関係していることも視野にいれましょう。むしろ、早期治癒と再発予防を両立していくことを考えるならば、初期段階から整体の施術を取り入れても良いでしょう。

テニス肘やゴルフ肘になりやすい人とは

テニス肘やゴルフ肘は、リスクを高める特徴がいくつかあります。再発予防のためにも、ぜひ押さえておきましょう。

テニスやゴルフの初心者

初心者の場合、ラケットやクラブのスイング動作を、どうしても上肢の力に頼って行うことになります。長年経験している方や、そのスポーツが上手い方の場合は、体幹の力を上手く使って体全体を回転させて打ちにいけるのですが、それが出来ないうちは肘や手首に負担がかかります。結果的に外側上顆や内側上顆に付着する筋肉へと負担が集中するので、痛みを発症しやすいです。

肘以外に痛みを抱えている人

肩や腰など、前腕以外に痛みを抱えている人はテニス肘やゴルフ肘のリスクを高めてしまいます。テニスやゴルフに共通するのは回転動作ですが、腰に不安があると体の回転が甘くなります。その分パワーを発揮するには上肢の筋力をより大きく発揮させなければなりません。その結果前腕に力が入り、テニス肘やゴルフ肘を発症しやすくなってしまうのです。日常生活の中でも、肩に痛みがあれば腕が上がりにくくなります。それでも腕を上げて行わなければならない洗濯物を干す動作をすれば、前腕に余計な負担をかけることになります。その積み重ねでテニス肘やゴルフ肘のような症状を発生させるのです。この場合、肘だけを治療しても改善に時間がかかります。肘以外の痛みの治療も並行して行う必要がありますね。

姿勢が悪い人

背骨のバランスが悪い人は、肩を中心とした上肢の筋肉に慢性的な負担をかけ続けます。猫背などのように、横から見た時に頭の位置が体幹からかなり前に出ている人は、首から背中にかけて日常的に負担をかけ続けています。その結果肩甲骨の動きが悪くなり、肩の可動域が狭まり、肘から先にも疲労を溜めやすくなるのです。さらに、姿勢が悪い人は背骨のしなやかさが失われていることが多く、仰向けや横向きになったときに体が休まりません。すると睡眠時の回復力が低下してしまうので、疲れが抜けにくく筋肉の疲労を蓄積してしまいます。そこからテニス肘やゴルフ肘の症状に繋がることがあるので、姿勢を改善しておくことは非常に重要な項目であると言えます。

まとめ

テニス肘やゴルフ肘は、そのスポーツを経験している人以外でも起きることがある症状です。肘の内側や外側で痛みが出るということ以外は、発生機序やリスクが同じなので、どちらの症状も同時に起こすことさえあります。一回の外力で発生するというよりも、徐々に負担を蓄積して症状になるので、体の使い方など根本から改善しないとすぐに再発するでしょう。自分ひとりだけで解決しようとせず、専門医のアドバイスも聞いて早期治癒と再発予防に努めましょう。

お近くに再生医療やスポーツ医療についての専門医がいない方へ

さかもとクリニックは、第二種・第三種再生医療提供計画を厚生労働省に提出し受理された厚生労働大臣許可医療機関です。当院では来院前でも「メール相談」を受付けています。どうぞ事前にご相談ください。
メール相談・お問い合わせフォームはコチラ

肘や筋肉の痛みに関連する記事はこちら

肘・筋肉の痛みは?原因と対策は?
肘から下の痛みは背骨が原因か?前腕が痛む原因で考えられる疾患
肘をぶつけてからずっと痛みが治まらない時、考えられる原因は?
肘の外側が痛い場合の対処法は?外側上顆炎や神経痛の場合も

肩の痛み、肩の関節の痛みに関連する記事はこちら

肩の関節が痛い場合に有効な治し方と痛みの原因は?

腕に関連する記事はこちら

腕が上がらないのは病気のせい?考えられる症状は何

人工股関節、人工関節に関連する記事はこちら

人工股関節術後に脱臼する可能性と生活の注意点をチェック
膝の人工関節手術は失敗がある?知っておくべきリスクとは

当院の治療についての考え方や再生医療についての内容もお読みください

スポーツ外傷・障害の痛みに対する当院の治療
変形性股関節症に対する当院の治療
再生医療とは
PRP(多血小板血漿)療法とは
ご相談から治療までの流れ

再生医療による膝の治療に関連する記事はこちら

膝の症例 現役プロスポーツ選手
ひざの痛みにPRP治療