トピックスtopics

植毛って危険なの?考えられる危険性を紹介します

薄毛を何とか改善したいという人のなかには、植毛を検討している人もいると思いますが、外科的治療であるため本当に安全なのか不安に思う人も少なくないでしょう。

植毛は、薄毛改善の効果が認められていますが、危険が全くないというわけではありません。

今回は、植毛を受けることで考えられる危険とは、どういったものがあるのかについて紹介します。

植毛後に傷が開く危険性

植毛手術は、薄毛になりにくい側頭部や後頭部などの毛を採取し、薄毛の部分に移植する外科的治療です。

そのため、術後は傷が残ります。

術後の傷は大きなものではありませんが、傷が完全に塞がるまでは、傷が開く危険性があります。

傷が開くと治りが遅くなりますし、菌が侵入して炎症を起こす可能性もあるので、注意が必要です。

術後はダウンタイムが必要

植毛では、傷が開く危険性があるので、運動や体を動かすハードな仕事は1週間くらい控えるべきです。

スポーツをしている人やハードな仕事をしている人が手術を検討する場合は、傷が回復するまでの、ダウンタイムの期間も計算して計画を立てましょう。

植毛した毛が抜ける危険性

植毛の手術後は傷が開いてしまうだけでなく、植毛した毛が抜けてしまう危険性もあります。

植毛した毛が頭皮にしっかりと生着する確率(生着率)は9割以上と言われていますが、摩擦や間違ったケアなどで、生着率を大きく下げてしまうこともあります。

生着率をアップするためのポイント

摩擦を避けるために、ヘルメット、カツラ、ウィッグなどは、手術後4日間くらいは装着するべきではありません。

仕事などで、ヘルメットを着用する必要がある人は、休みをとるなど調整が必要です。

人工毛植毛は危険が多い!?


日本では、自分の毛を移植する自毛植毛が主流ですが、植毛には自毛植毛のほかに、人工毛植毛もあります。

人工毛植毛は、ポリエステルやナイロンなどの人工の毛を頭皮に植え込みます。

この方法であれば、手術したその日から毛を増やすことができるのが大きな魅力ですが、人工のものを頭皮内に植え込むため異物反応が起きる危険性があります。

異物反応が起きた場合そのままにしていると、周辺のもともとあった毛まで抜け落ちる可能性があります。

そうなってしまうと、人工の毛を取り除くことになります。

また、異物反応が起きなかったとしても、人工の毛と皮膚の隙間から菌が侵入して、感染し膿んでしまう危険性もあります。

髪量が増えるまでに時間はかかりますが、危険のリスクを考えると植毛は、自毛植毛を選択したほうが良いでしょう。

まとめ

植毛を受けることで考えられる危険について紹介しました。

植毛を検討している人は、こうした危険性もあることを知った上で手術を受けるかどうか判断するようにしましょう。

もし、より安全で確かな効果が期待できる薄毛治療を探しているなら、PRP毛髪再生医療もあります。

PRP毛髪再生医療は、自分自身の血液から採取した細胞を用いて、発毛を目指す最先端の治療法です。

毛髪再生医療について関心がある人は、ぜひ、詳細を確認し、検討してみてください。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ