トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 2020年はiPS細胞での毛髪再生が可能に!AGA治療には使えるのか?

2020年はiPS細胞での毛髪再生が可能に!AGA治療には使えるのか?

AGA治療に注目が集まる中、2020年の今年、iPS細胞での毛髪再生について、東京医科大学などのチームが「自分の髪の毛の細胞を培養して頭皮に移植すると髪の毛が再生した」という旨の研究結果を発表しました。

資生堂の再生医療開発室などもチームの1会社であり、この治療は男女の壮年期脱毛症の新しい治療法になりうると言われています。

現在実用化に向けて進められていますが、AGAの治療にも使用できるのでしょうか。

2020年のAGA治療に注目!毛髪再生に必要なiPS細胞とは?

iPS細胞とは、人工多機能性幹細胞と言われており、体細胞へ4種類の遺伝子を導入することでES細胞(胚性幹細胞)のように分化能や自己複性能を持たせた細胞のことです。

少しずつではありますが、iPS細胞を使った治療は実用化されつつあります。

2020年に発表された今回の研究では、髪の毛の細胞を培養し頭皮に移植することで発毛することが確認されました。

AGAなどの薄毛に悩む人は国内約1,800万人以上に及ぶと言われています。この研究発表により、iPS細胞によるAGA治療で、現在の治療よりも安全で効果的な治療方法が確立されることが期待されています。

AGA治療への応用は可能なのか?


今回の研究では壮年期脱毛(加齢による脱毛)に効果があるとされていますが、AGA治療などの薄毛にも効果を示すことができるよう研究されているようです。

AGA治療では高齢者や女性には服薬が禁止されている薬などもあり、性別や年齢により効果的な治療ができない部分もありました。

iPS細胞は、体へのリスクも少なく自分の細胞から培養した細胞を移植する「自家移植」であるため、拒絶反応など副作用が出現する可能性は低いといえます。

現在でも再生医療分野でのAGA治療はされていますが、iPS細胞を使用した治療はより効果的に発毛を実感できることが期待できます。

現時点では実用化の目処は立っていませんが、安全性などの確認をする必要があるため数年を要する可能性はあります。自由診療扱いとなるため数百万の治療費がかかるとの見解もあります。
保険が効くようになるのはもう少し先になりそうです。

まとめ

AGA治療は現時点でも再生医療分野で行うことが可能です。内服薬治療や外用薬治療では、なかなか効果を感じることができていない患者がいるのも事実です。内服薬治療では副作用の可能性がある点でも不安を抱える方はいます。

再生医療では、自分の血液から髪の毛の成長に必要な成長因子が高濃度に含まれた血漿を採取し、頭皮に注入する治療も行われています。

2020年発表のiPS細胞による毛髪再生によるAGA治療にも期待が寄せられていますが、現存している治療で一番最先端の再生医療分野の治療も検討されてみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ