トピックスtopics

植毛で薄毛を改善できる仕組みを解説します!


これまで植毛を経験したことがなくても、ほとんどの人が植毛という言葉を耳にしたことがあると思います。また、植毛が、どういったものか何となくイメージできる人もたくさんいるでしょう。

しかし、植毛がどういった仕組みで薄毛を改善するのかについては、よく知らないという人が思いのほか多いかもしれません。

今回は、植毛によって薄毛を改善できる仕組みについて解説します。

自毛植毛の仕組みについて

植毛には自毛植毛と人工毛植毛があります。

自毛植毛は、文字通り自分の毛を薄毛の部分に植え込みます。

採取する毛は、AGA(男性型脱毛症)の影響がほぼないと言われている後頭部や側頭部などから選定し、毛根ごと採取して移植します。

毛根には毛乳頭と幹細胞があって、毛乳頭が幹細胞に成長を促すことによって毛が生えてきます。

薄毛の部分に植毛した毛はAGAの影響を受けにくいという性質や、毛乳頭が幹細胞に成長を促す働きなどをそのまま引き継ぐことができます。

そのため、薄毛だった箇所でも薄毛になりにくい毛が生えてくるようになるのです。

これが、自毛植毛の仕組みです。

人工毛植毛の仕組みについて

人工毛植毛は、ポリエステルやナイロンなどでつくられた人工の毛髪を頭皮に植え込むという非常にシンプルな仕組みです。

手術した当日から毛を増やすことができ、自由にヘアスタイルを変えることができるのが人工植毛の大きな魅力です。

しかし、人工のものを頭皮に植え込むため、拒否反応が起こる可能性があることや、皮脂や汚れが溜まりやすく感染症にかかるリスクがあります。

そのため、現在、日本ではほとんどおこなわれていません。

植毛と投薬治療の目的と費用の違い

薄毛に悩んでいて植毛の仕組みを知ろうとしている人のなかには、「植毛と投薬治療は、どちらが良いのだろう」と迷っている人もいるでしょう。

植毛は、薄毛の部分に移植した毛が生着し、半永久的に生え変わることを目的に治療がおこなわれます。

一方、投薬治療は薄毛が進行するのを遅らせたり、現状維持させたりするのを目的に治療がおこなわれます。

また、植毛手術は外科手術で高額となるため、ハードルの高さを感じる人が多いかもしれません。

しかし、1度の手術で効果が期待できます。

投薬治療は手軽に始めることができる反面、投薬を止めると効果も無くなってしまうため、継続が必要です。

PRP毛髪再生医療もおすすめ


植毛を検討しているという人の中には、PRP毛髪再生医療のほうが、治療として適している場合があるかもしれません。

PRP毛髪再生医療は、高濃度の成長因子を含んだ血漿を、自身の頭皮に注入し、頭皮再生を促すという最先端の治療法です。この血漿は、自身の血液の中から抽出します。

早い人では、3か月くらいから効果が実感できることもありますし、副作用のリスクが低いという安全面でのメリットもあります。

関心がある人は、毛髪の再生医療についても、ぜひ、検討してみてください。

まとめ

植毛の仕組みについて、また、植毛と投薬治療・費用の違いについて紹介しました。

植毛は自分自身の毛で薄毛を改善できるのが大きな魅力です。

また、人に本来備わっている発毛力を引き出すPRP毛髪再生医療という治療方法もあります。

近年は、いろいろな薄毛治療が選択できます。

情報を収集する、クリニックでカウンセリングを受けてみるなどして、あなたに最適な薄毛対策の方法を選択してくださいね。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ