トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 薄毛対策に育毛剤を使っている人必見!再生医療という選択肢

薄毛対策に育毛剤を使っている人必見!再生医療という選択肢

人は対面したときに、その人の顔だけでなく髪にも目がいくものです。また、見た目で年齢を判断するとき、その要素のひとつに髪型を挙げる人もいるでしょう。

そんな髪だからそこ、薄毛を気にする人も多いと思います。

今回は薄毛対策のひとつである育毛剤についてご紹介します。また、近年注目を集めている薄毛の最先端治療についても見ていきましょう。

薄毛の対策に使う育毛剤ってどんなもの?

薄毛対策と聞いて育毛剤が思い浮かぶという人も多いと思います。育毛剤は自宅で簡単に行うことができる薄毛対策のひとつですよね。

育毛剤には血行促進作用や、ふけ・かゆみ予防など頭皮の状態を良くする成分が含まれています。頭皮の状態を良好にすることで、これから起こる抜け毛を予防し、薄毛対策ができるのです。

育毛剤にはローションやスプレータイプのものがあります。また、抜け毛予防のシャンプーやコンディショナーもあるため、こういったものを組み合わせて薄毛対策をすることも可能です。

薄毛対策の育毛剤が効かない人もいる!

薄毛対策として挙げられるもののひとつが育毛剤ですが、なかなか効果が感じられないという人もいます。

その原因は、生活習慣や薄毛の原因の1つであるAGAなど、さまざまです。

ストレス

過度なストレスが続くと、人間の体は自律神経が乱れて血行が悪くなります。そのため、頭皮の状態にも影響し、発毛環境が変化することがあります。

生活リズムの乱れ

髪の発育には成長ホルモンの存在が大切です。しかし、睡眠不足になると成長ホルモンが十分に分泌されず、抜け毛が増えてしまうことがあります。

また、栄養バランスの偏った食事は、髪に必要な成分を十分に摂取できずヘアサイクルの乱れにつながってしまうのです。

頭皮の脂

頭皮に汚れがたまっている状態は、発毛環境には決していいとはいえません。毛根に皮脂がたまり、そのままにしておくと、髪が生えてくるはずの毛根に「脂のつまり」が生じます。

そうなれば新たな毛髪が生えてくることはできません。シャンプーでしっかりと汚れを落とし、その後しっかりとすすぐことが大切です。

男性ホルモン

薄毛には男性ホルモンが影響するものがあります。それが男性型脱毛症(AGA)です。

女性にも男性ホルモンが存在するので、女性男性型脱毛症(FAGA)が起こります。

薄毛は治療できる?再生医療という選択肢がある!


育毛剤で抜け毛を防ぎ、頭皮の環境を良好にすることはできますが、AGAを治すことはできません。薄毛対策をしても、AGA対策ができなければ薄毛が進んでいくことになります。

そんな薄毛対策に注目されているのがPRP(多血小板血漿)毛髪再生医療です。

自身の血液から採取した血漿に含まれる成長因子を用いて、頭皮の組織を活性化させ発毛力を高めることが期待できます。

AGAの治療薬は副作用の心配や、継続して薬を飲まなければならないという負担があります。

しかし、再生医療なら受診頻度は少なく、安全性の高い方法での治療が可能になっています。

まとめ

薄毛対策に育毛剤を使う人は多いです。しかし、発毛が期待できない場合もあります。また、生活習慣や食生活の見直しもしなければ頭皮環境が整わず、薄毛を加速させてしまうでしょう。

近年、薄毛の治療として注目されているのが再生医療です。自身の血漿を用いて頭皮の組織を活性化させるため、副作用の心配が少ない安全性の高い治療です。

薄毛対策で育毛剤などを使っているけれど、なかなか効果が感じられないという場合は、再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ