トピックスtopics

AGA遺伝子検査で1型か2型かが分かるメリットとは?

現在多くの人が悩まされているAGA(男性型脱毛症)は、これまで分からないこともたくさんありました。しかし、現在ではいろいろなことが分かるようになっています。

例えば、AGAの原因に大きな関わりがある5αリダクターゼには1型、2型があって、AGA遺伝子検査をすれば、「1型と2型のどちらが発現しているのか」が分かるのです。

今回は、AGA遺伝子検査をするメリットや、検査をするタイミングについて紹介します。

AGA遺伝子検査で1型か2型かがわかることによるメリット

AGA遺伝子検査は、前頭部の左右から3本、頭頂部から5本の毛を採取して検査をすることで、AGAの原因に大きく関わっている5αリダクターゼの発現量を知ることができます。

5αリダクターゼには1型と2型がありますが、検査によって、どちらか強く発現しているのかを知ることができれば、どのAGA治療薬が有効かを判断することができるようになるのです。

これはAGA治療を効率的に進めていくための、大きなメリットになるでしょう。

例えば、2型5αリダクターゼの発現が強いと分かれば、2型5αリダクターゼのみに対して阻害効果のあるフィナステリドが有効と判断できます。

一方、1型5αリダクターゼの発現が強いとわかれば、1型に対しても阻害効果のあるデュタステリドが有効だと判断することができます。

AGA遺伝子検査でAGA発症リスクもわかる


AGA遺伝子検査は、発現が強い5αリダクターゼが1型か2型かを知ることができるだけでなく、AGA発症リスクがどれくらいかも知ることができます。

AGAは5αリダクターゼによって男性ホルモンのテストステロンがDHT(ジヒドロテストステロン)に変異し、毛乳頭細胞内のAR(アンドロゲンレセプター)と結合することで、脱毛が進行してしまいます。

AGA遺伝子検査ではARの発現強度を知ることができ、発現強度によってAGAを発症するリスクがどれくらいかを知ることができるのです。

AGA遺伝子検査がおすすめの人

AGA遺伝子検査を受けることで、AGA発症のリスクがどれくらいあるかを予測することができるため、これからAGA治療を受けようかと考えている人は、検査を受けてみると良いでしょう。

また、検査によって5αリダクターゼの1型か2型を知り、どの治療薬が有効かも知ることができます。このことから、すでにAGA治療薬による治療を受けているけれど、効果を実感することができていないという人も、検査を受けてみてはいかがでしょうか。

まとめ

AGA遺伝子検査によってAGAの発症リスクや、AGAに大きく関わっている5αリダクターゼの1型と2型の発現量を知ることができることを紹介しました。

AGA遺伝子検査によって自分により合った治療薬を知ることができますが、AGA治療薬の効果は個人差があります。そのため、人によっては治療薬では十分な効果を得ることができないケースもあります。

そのような場合は、より早くより高い効果が期待できると話題のPRP毛髪再生医療を検討してみることをおすすめします。毛髪の再生医療について関心がある人は、PRP毛髪再生医療についての詳細をチェックしてみてください。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ