トピックスtopics

赤色LEDでのAGA治療は副作用がなく安全!

赤色LEDによるAGA治療・薄毛治療がされていますが、LEDによる治療には副作用がありません。

内服薬や外用薬として使用されているものは肝機能障害などを起こす可能性があることから、高齢者や持病のある方は使用できないのがネックでもあります。

普通のAGA治療薬ではどのような副作用があるのか、LED治療では何故、副作用が起こらないかをみていきましょう。

赤色LED治療は何故副作用が出現しない?

AGA治療の中でも副作用の心配が少ないLED治療は、波長の長い赤色LEDを照射することで、髪の毛の成長に欠かせない細胞である毛乳頭細胞を刺激します。

栄養不足などで活発でなくなっていた毛乳頭細胞を刺激することで活性化し、細胞増殖因子の分泌が活発になることで髪の毛の成長が促されるという機序です。

LEDは、直接光エネルギーが毛乳頭細胞を刺激するシンプルな方法ですので、肝臓で代謝する必要もなく薬理作用もないことから副作用が生じません。

痛みもダウンタイムも必要ないことや、クリニックでの治療であれば数千円で行うことができることから、女性や高齢者、持病のあるひとでも始めやすい治療の1つです。

内服薬や外用薬を使用している人でも治療を受けることはもちろん可能です。

むしろ、これらの治療と併用することでより効果を実感出来るようになります。

メジャーなAGA治療薬の副作用は?


AGA治療薬の基本は内服治療と外用薬治療です。

内服薬として有名なのは、ミノキシジルやデュタステリドなどです。ミノキシジルは元々高血圧治療薬として使用されていた薬剤ですが、副作用として出現していた多毛が現在は効果として使用されています。

薄毛を気にしている人が高血圧であるとは限らず、正常な血圧の人がミノキシジルを使用することで血圧低下を起こす可能性などがあるほか、肝機能障害のリスクもあります。

デュタステリドは男性専門の薬剤となっていますが、有効成分に女性が触れてしまったり間違えて内服してしまった場合、もし妊娠していたら男児の性器に奇形を生じる可能性があります。いわゆる催奇形性のある薬です。

このように内服薬は効果がしっかりと現れる反面、からだへの影響も強いのが特徴です。

外用薬も上記のような成分が使用されており、内服薬よりは副作用の出現リスクは低いものの副作用が現れる可能性はあります。

まとめ

内服薬による治療は効果がある反面、副作用の心配もつきものです。

AGA治療の中でも、赤色LEDでの治療であれば副作用がなく安全性も高いので、副作用を心配することなく治療を受けることができます。

持病があるなどして薬剤を使用することができない人は、LEDでの治療も行っているクリニックに相談してみましょう。

副作用の観点では再生医療も副作用が起こりにくい治療があります。さまざまな治療法が確立されているので、自分にあった治療法を探してみましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ