トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 前髪スカスカが気になる…!回復させるにはどうたらいい?

前髪スカスカが気になる…!回復させるにはどうたらいい?

「最近、前髪の量が少なくなってきている気がする」「おでこが広くなってきた気がする」という方はいらっしゃいますでしょうか。

抜け毛がひどくなるのは年齢を重ねているからだと、自分が脱毛症となっている可能性すら考えていない人もいると思います。若い人でも脱毛症となる可能性はあります。

前髪のスカスカを回復させたい!という方はまずは原因を一緒に見ていきましょう。

前髪スカスカは回復する?原因と薄毛対策

前髪が薄くなる原因としては大きく分けて4つあります。

①AGA(男性型脱毛症)

男性ホルモンであるテストステロン(女性にもあります)が、毛乳頭細胞にある酵素と結合し、ジヒドロテストステロンとなることで脱毛するものです。

前頭部や頭頂部はこの酵素が沢山あるため、前髪から薄毛になっていく人が多いです。
治療を行わない限り、改善することはありません。

薄毛対策としては早期に治療を開始することです。

②牽引性脱毛症

女性に多いですが、前髪を引っ張った状態でピンで止めたり、前髪が邪魔だからとヘアゴムで結んだりなど頭髪が引っ張られることで毛根に負荷がかかって発症します。

同じ分け目を続けることでも起こる可能性があります。

薄毛対策としては、毛根に負荷がかからないようなまとめ方にしたり、分け目をかえることなどで改善が見込めます。

③円形脱毛症

原因は不明で自己免疫疾患ではないかと考えられています。過度のストレスでも発症することがあり、10円玉ほどの大きさの脱毛が有名ですが、実は形やサイズ、数も人によってさまざまです。

こちらも原因が不明であるため、皮膚科に受診するのが一番です。

④生活習慣の乱れによる栄養不足

過度のダイエットによる栄養不足や運動不足により、血流が滞り毛根まで栄養が届かないなど生活習慣による影響で脱毛することがあります。

ヘアサイクルが乱れてしまっていることが原因なので、規則正しい生活へシフトしていくことで改善が見込めます。数ヶ月の間で多くの髪の毛が抜けてしまいますが、数ヶ月後〜1年後の間に生えてきます。

M字になってきているようなら要注意!

前髪が後退してきてM字になってきている状態なら注意が必要です。

AGAの初期症状である可能性が高いです。

AGAは、前髪→頭頂部→側頭部・後頭部と脱毛が進んでいきます。

また、治療をしない限り自然に治癒することはないので、早期に治療を開始することが大切です。

AGAとは、若年性脱毛症のことで思春期以降であれば発症する可能性があります。

つまり、10代・20代でも発症する可能性があるため「若いし、自分には当てはまらないだろう」と安心しきっている間に脱毛が進んで行ってしまったという状況になる可能性もあります。

若年性脱毛症とは?治療の方法は?


「AGAかもしれない」と感じている人は、まず専門のクリニックを受診しましょう。

まだ自分自身でAGAかもしれないと思っている段階です。医師に診断をしてもらって確定診断を受ける必要があります。

AGAであることが確定したら早期に治療を開始していきます。AGAの治療の主流は薬の内服と外用薬の塗布です。

よく使用される薬としては、ミノキシジル、フィナステリドなどです。

まとめ

前髪がスカスカになってきてしまっている原因はさまざまですが、牽引性脱毛症や生活習慣の乱れによる脱毛は自分の努力で回復が見込めます。この2つに心当たりがなくどちらかと言えばAGAや円形性脱毛症の可能性がある場合は、早期にクリニックに受診しにいきましょう。

内服・外用薬治療が主流ですが、再生医療では自分の血液を使用した治療もあります。
副作用が起こりにくいという特徴があるので、治療の際の選択肢に入れてみてはどうでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ