トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 植毛のデメリットとは?薄毛の最先端医療についても紹介!

植毛のデメリットとは?薄毛の最先端医療についても紹介!

薄毛を改善するために、いろいろな治療方法を探している人はたくさんいると思います。

そして、治療方法の一つである植毛に関心を持っている人も多いと思いますが、検討する際にはメリットだけでなく、デメリットについてもきちんと知っておくべきです。

今回は、植毛のデメリットについて、また、薄毛治療の最先端治療についても紹介します。

植毛の費用が高いというデメリットについて


植毛を検討している人のなかには、植毛手術にかかる費用が大きなデメリットだと感じている人も多いでしょう。

植毛手術は手の込んだ作業が多く、医師の技量が求められる外科手術で、自由診療でもあるため、他の薄毛治療方法と比べても費用は高額になります。

しかし、植毛手術は1回で治療が完了するので、その後のメンテナンスに費用はかかりません。

内服薬、外用薬による治療は継続的に服用していく必要がありますし、かつら、ウィッグの場合は定期的にメンテナンスが必要です。

費用のことを考える場合は、長期的にどれくらいの費用がかかるかを検討する必要があります。

移植した毛が生えそろうのに時間がかかるというデメリットについて

自分の毛を移植する自毛植毛の場合、移植した毛が生えそろうのに時間がかかるのもデメリットです。

「植毛した分毛が植えるわけだから、即効性があるだろう」というイメージを持っている人もいるかもしれません。

しかし、自毛植毛で移植した毛は1ヶ月後くらいに抜け落ちてしまいます。

その後、新しい毛が生えてきて、十分な長さになるまで1年くらいかかります。

少しでも早く薄毛を改善したい人にとって、1年という期間は長く感じるかもしれません。

しかし、1年くらいの期間をかけてゆっくり生えてくるため、周囲に気付かれにくいというメリットもあります。

植毛の痕が残るというデメリットについて

植毛手術は、手術痕が残ってしまうのもデメリットです。

植毛手術の種類には、主に、メスを使うFUT法とメスを使わないFUE法がありますが、FUT法の場合は、毛を採取した部分に1本の細長い線のような痕が残ります。

メスを使わないFUEでも、ニードルやパンチグラフトを使用するため、毛を採取した箇所に小さな点状の痕が残ります。

メリットの多いPRP毛髪再生医療について紹介!

デメリットが気になるので、植毛以外の治療方法も探しているという人は、PRP毛髪再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

PRP毛髪再生医療は、薄毛医療の最先端です。

アレルギーなどの副作用の心配が少なく、飲み薬との併用も可能などいろいろなメリットがありますし、3カ月くらいで効果を実感できる人もいます。

まとめ

植毛治療で考えられるデメリットについて紹介しました。植毛を検討している人は、こうしたデメリットもあることを考慮して治療を受けるかどうか判断しましょう。

安全性や治療効果についてメリットの多い、毛髪の再生医療についても検討してみてくださいね。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ