トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 若年性脱毛症には育毛剤の使用が良い?クリニックに通うべき?

若年性脱毛症には育毛剤の使用が良い?クリニックに通うべき?

若年性脱毛症で抜け毛に困っている方は、勇気を出してクリニックに通うべきか、市販の育毛剤を使用して自分で対応するか悩む方も多いのではないでしょうか。

若年性脱毛症を治していこうとする際、どちらを使用した方が良いのか一緒にみていきましょう。

若年性脱毛症にも有効?育毛剤のポジションとは

最近では、若年性脱毛症を病気として捉える風潮が出てきておりAGA(男性型脱毛症)治療を専門に行うクリニックも出てきました。

その中で、若年性脱毛症の薄毛対策として育毛剤は、市販で育毛効果をうたっているシャンプーなども販売されています。これらは乱れた頭皮の環境を整えることで発毛を促すもので、薄毛を気にしている多くの方に使用されています。

しかし、育毛剤や育毛シャンプーを使い続けることで完全に薄毛が治る見込みがあるかと言われればそうではありません。

これらは医薬部外品という分類に入るため、クリニックや病院で処方される医薬品のように高濃度の成分を配合できていません。

そのため、効果も緩徐といえ、薄毛になるスピードに間に合わず「髪が生えるどころか、むしろ薄くなってきてしまった。」という状況が生まれてしまう可能性があります。

クリニックで使用される薬と育毛剤の違いは?


クリニックで処方されるのは「医薬品」であり、病気の診断や治療、予防を行うために与える薬品のことです。医薬部外品のものより有効成分を多く含有することができます。

そのため、効果も現れやすいといえます。医薬品は医者しか処方できないのでクリニックの受診は必須です。

若年性脱毛症に限らずですが、育毛剤には即効性はなく、最低でも半年は継続的に使用しないと効果は現れないと考えられています。医薬品の使用でも個人差が生じるため、医薬部外品の効果はさらに個人差が出るといえます。

併用することでより効果を発揮することができる

薄毛対策を考えたときに若年性脱毛症に育毛剤と医薬品のどちらか一方を使用するのが良いかといわれれば、そうではありません。AGAを根本的に治療しようと思うと、やはりクリニックや病院に行き、診断を受け薬の処方をしてもらう必要があります。

内服薬や外用薬でも効果的な治療は可能ですが、プラスαで普段使用しているシャンプーなど手軽に行える部分でも育毛効果のあるものに変更すると、使用しないよりかは育毛効果が期待できるようになります。

そのため、育毛剤と医薬品は併用して使用するのがベストです。

まとめ

若年性脱毛症の薄毛対策として育毛剤は、あくまで補助的な役割があるアイテムで、根本からの治療となると医師に診てもらう必要があります。

しかし、医薬品を使用してもなかなか薄毛が改善しない場合もあります。AGAの治療は、さまざまな選択肢があります。

再生医療の分野でも、薄毛の治療を行うことができます。再生医療では自分の細胞を使用しての治療のため副作用が起こりにくいです。さまざまな治療の選択肢を知った上で、自分に合ったものを医師と相談しながら決めていきましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ