トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 薄毛をウィッグで隠すと不自然になる?薄毛対策はどうすべき?

薄毛をウィッグで隠すと不自然になる?薄毛対策はどうすべき?

薄毛に悩んでいる人にとって、薄毛対策は重要な課題ですよね。

中にはウィッグを使って薄毛を隠すという人もいるでしょう。しかし、場合によっては不自然になり、薄毛がバレることもありますし、ウィッグを使っていることがバレてしまうこともあります。

今回は薄毛を隠すのに使われるウィッグについてご紹介します。

薄毛をウィッグで隠すと不自然になる?

薄毛対策に使われることの多いウィッグは、薄毛が気になる頭頂部や前髪などに使うことができて、とても便利です。

自分の髪色に合わせたカラーを選択すれば、色の違いで不自然に見えることも少ないでしょう。

そのため、出かけるときや人前に出るときにウィッグを付けるという人もいます。

しかし、ウィッグによる急な増毛が不自然に見える、付け方によってはズレるなど不自然な髪形になってしまうこともあります。また、ウィッグは、薄毛の根本的な対策にはなりません。

ウィッグはメンテナンスも必要!

ウィッグはとても便利ですが、定期的なメンテナンスが必要です。

また、髪量に合ったものを使うことで不自然さがなくなるので、薄毛の進行度に合わせてウィッグも作り替えていくことが必要です。

そうなると、費用面でも負担が大きくなります。

ウィッグから卒業できる!?薄毛対策に再生医療という選択肢


薄毛対策として、ウィッグを使うだけでなく、根本的な解決を望むために薬や育毛剤などを使用している人も多いと思います。

しかし内服薬は継続して飲まなければならず、ホルモンに関わる薬なので副作用が出ることもあります。

育毛剤も効果が良いと言われている商品がいろいろ販売されていますが、なかなか効果が感じられないという人がいるのも事実です。

そんな薄毛対策として、自身の血液から採取した血漿を頭皮に注射するというPRP(多血小板血漿)毛髪再生医療が注目を集めています。

PRP(多血小板血漿)毛髪再生医療では、自身の血漿に含まれる成長因子が頭皮の組織を活性化させるので、発毛力を高める効果が期待できます。

治療後は時間をかけて自然に発毛していくため、急に増毛して不自然に見える心配がありませんし、なんといっても高い効果が期待できます。また、副作用の心配が少ないというメリットもあります。

まとめ

薄毛対策としてウィッグを使う人もいますが、実は不自然に見えてしまうことがあります。

薄毛対策として近年注目されているのが、PRP(多血小板血漿)毛髪再生医療です。自身の血漿を用いて発毛力を高めるため、不自然に見えない増毛が期待できますし、高い効果が期待できること、副作用が少ないなどのメリットがあります。

薄毛に悩んでいる方は、この毛髪の再生医療についても検討してみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ