トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • AGAの原因物質5αリダクターゼ1型と2型の違いや見分け方を解説

AGAの原因物質5αリダクターゼ1型と2型の違いや見分け方を解説

AGA治療を検討している人であれば、5αリダクターゼという酵素の一種がAGAの原因物質であると考えられていることは、知っている人も多いと思います。

しかし、5αリダクターゼには1型、2型があってそれぞれに違いがあることをご存知でしょうか。

今回は、AGAの原因物質とされている5αリダクターゼの1型と2型の違いや見分け方について紹介します。

AGAの原因物質5αリダクターゼ1型と2型の違いと見分け方

AGAの原因物質とされている5αリダクターゼには、1型と2型の2種類があって、作用や存在する場所に違いがあります。

1型5αリダクターゼは、全身の体毛の皮脂腺に多く存在しています。

頭部では後頭部や側頭部に多く存在していて、1型5αリダクターゼがつくり出すDHT(ジヒドロテストステロン)が皮脂の分泌を活性化させます。

2型5αリダクターゼは、頭頂部や前頭部に多く存在していて、ジヒドロテストステロンを作り出しています。

このジヒドロテストステロンが毛根の成長を妨げてしまいます。

見分け方としては、1型5αリダクターゼが多い人は脂っぽい肌の人が多く、2型5αリダクターゼが多い人はヒゲや体毛が濃い人が多いです。

AGAの主な原因は2型5αリダクターゼ

5αリダクターゼの1型と2型の違いや見分け方からもわかるように、AGAの主な原因となっているのは2型5αリダクターゼです。

前頭部や頭頂部には1型5αリダクターゼも存在しますが、2型ほど量は多くなく、DHTへの代謝能力も2型よりも少ないため、1型の影響は少ないと考えられています。

そして、1型しか存在しない側頭部や後頭部の毛は薄毛にならないのに対して、多くの2型が存在する前頭部や頭頂部から脱毛しやすいことからも、2型5αリダクターゼが脱毛への影響力が強いことがわかります。

AGA治療薬について


5αリダクターゼ1型と2型の違いや見分け方からもわかるように、2型5αリダクターゼがAGAの主な原因となっているため、AGA治療では2型5αリダクターゼを抑制する治療薬を用いた治療が一般的です。

AGA治療薬でよく使用されるプロペシアは2型5αリダクターゼを阻害する効果があり、ザガーロは2型リダクターゼだけでなく1型にも効果があります。

まとめ

AGAの原因物質とされている5αリダクターゼの1型と2型の違いや、見分け方について紹介しました。

AGA治療を検討している人は、こうした違いや見分け方を知っておくとよいでしょう。

また、AGAは、AGA治療薬による治療方法だけでなくいろいろな方法があります。

特に、近年注目を集めているのは毛髪の再生医療です。PRP毛髪再生医療という最先端の治療方法は、高い育毛効果を期待でき、安全に治療を受けることができるAGA治療として注目を集めています。

あなたにあった治療法を選択し、AGAの悩みを改善していきましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ