トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 毛髪再生が実用化されるのはいつ?すでに実用化されている!?

毛髪再生が実用化されるのはいつ?すでに実用化されている!?

AGA治療に関心がある人であれば、毛髪再生医療について関心を持っている人もたくさんいると思います。

また、「毛髪再生医療っていつ実用化されるの?」「すでに実用化されている毛髪再生医療ってあるの?」というようなことが気になっている人も多いでしょう。

今回は、毛髪再生の医療が実用化されるのはいつなのか…ということについて紹介します。

毛髪再生の実用化はいつ?

毛髪再生については、2016年に京セラが、理化学研究所や再生医療のノウハウを持ったベンチャー企業と共に、再生医療技術によって脱毛症を治療する研究を始めました。

そして、このことを発表したことで、大きな注目を集めました。

京セラが発表した毛髪再生療法は、微細加工技術を活用して開発した自動培養装置によって、人の後頭部などから採取した正常な毛髪細胞を100倍から1000倍に増やし、脱毛した部分に移植するという方法です。

この毛髪再生療法が実用化されるには量産技術なども必要で、2020年以降の実用化が目標と発表されていて、実際にいつ実用化されるのかが注目されています。

すでに実用化されている毛髪再生について


「毛髪再生が実用化されるのはいつなのか」と心待ちにしている人もいると思いますが、すでに実用化されている毛髪再生医療は、いくつかあります。

例えば、他人から採取した脂肪細胞を培養して抽出された成長因子を、頭皮に注入することで頭皮や毛髪の再生を促すHARG(ハーグ)療法という治療方法があります。

また、頭皮や毛髪の再生を促す成長因子と同じ働きをするペプチドでつくられた注入剤を脱毛部分に注入するヘアーフィラー療法という最先端の毛髪再生療法もあります。

安全性の高いPRP毛髪再生医療がおススメ!

すでに実用化されている毛髪再生療法には、PRP毛髪再生医療という治療方法もあります。

HARG療法が他人の成長因子を注入するのに対して、PRP毛髪再生医療は自分の血小板血漿に含まれている成長因子を注入するため、副作用が少なく、安全性も非常に高いのが特徴です。

より高い効果が期待できるAGA治療を探していて「毛髪再生療法が実用化されるのはいつなの?」と待っている人には、PRP毛髪再生医療を検討してみることをおすすめします。

まとめ

毛髪再生が実用化されるのはいつなのか…について紹介しました。

紹介したように、すでに実用化されている毛髪再生療法もありますが、最先端の治療方法は情報が少なくて検討するのを躊躇する人もいるかもしれません。

しかし、最先端の治療方法を諦めてしまうのはもったいないです。

AGAでお悩みの人で、より高い効果が期待できるAGA治療を探しているという人は、PRP毛髪再生医療を検討してみることをおすすめします。

PRP再生医療は、AGA治療の最先端です。ぜひ、AGA治療の選択肢として検討してみてくださいね。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ