トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • AGAじゃない!?【側頭部の地肌が見える】タイプの薄毛がある!

AGAじゃない!?【側頭部の地肌が見える】タイプの薄毛がある!

ひとくちに薄毛と言ってもいろいろなタイプがありますが、側頭部の地肌が見えるというタイプの薄毛で悩んでいる人はいませんか?

今回は「側頭部の地肌が見える」というタイプの薄毛の原因と、その治療法について紹介します。

側頭部の地肌が見える…このタイプの薄毛の原因とは?

ふとした拍子に「側頭部の地肌が見えるという薄毛に気づいた!」また、なんとなく気にはなっていたけれど「そろそろ対策をしないと側頭部の地肌が見える…」など、本気で薄毛が気になり始めるという人もいるでしょう。

そのようなとき、薄毛の悩みは今すぐにでも解消したいですが、髪にはヘアサイクルというものがあるので、すぐに生やすということは難しいです。

しかし、原因を知り、その原因についての対策をすることで、側頭部の地肌が見えるほどの薄毛を、徐々に改善していくことができるかもしれません。

まず、側頭部の地肌が見えるというタイプの薄毛には、どのような原因が考えられるのかを紹介します。

AGAではない?

側頭部の地肌が見えるタイプの薄毛は、AGAではない可能性があります。

AGAは男性ホルモンが関与する病気ですが、側頭部は男性ホルモンの影響を受けにくい場所です。

そのため、側頭部の地肌が見えるタイプの薄毛はAGAではないかもしれません。

それでは、側頭部が薄毛になる原因は何なのでしょうか。

▲眼精疲労や肩こり
パソコンやスマホなどを長時間見ていると、目の周りや首、肩の筋肉が凝り固まってしまい、眼精疲労や肩こりを招きます。

眼精疲労や肩こりは、血流が悪くなるため、頭皮に十分な栄養や酸素が運ばれません。そのため、側頭部が薄毛になるということがあります。

▲生まれつき
生まれつき一部分もしくは全体の髪が薄い場合があります。

▲甲状腺機能の低下
甲状腺ホルモンは、髪の毛を合成するのを助けるホルモンです。そのため、甲状腺ホルモンが少ない、あるいは甲状腺機能が低下している状態だと、十分に毛髪が成長せず、側頭部の地肌が見えるタイプの薄毛になる場合があります。

▲円形脱毛症
はっきりとした原因はわかっていませんが、ストレスや免疫低下で起きることがあると考えられています。

側頭部の地肌が見えるタイプの薄毛にはどんな治療をするの?


側頭部の地肌が見えるタイプの薄毛には、その原因に応じた適切な対処が必要で、治療が必要な場合もあります。

医療機関で治療する

もし、生まれつきや遺伝の病気で側頭部の地肌が見えている場合は、根本的な治療法はありません。

しかし、別の病気の可能性もあるため、まずは医療機関を受診し、適切な診断・治療を受けるようにしましょう。

マッサージや生活習慣の改善をする

スマホやパソコンなどによる眼精疲労や肩こりで、首から側頭部にかけての筋肉が硬くなっているという人は、マッサージをして、血流を促しましょう。

もちろん、スマホやパソコンの使いすぎにも注意が必要です。

血流が改善すれば、毛髪の成長にも良い影響が及び、側頭部の地肌が見えるタイプの薄毛にも良い効果を示す可能性があります。

まとめ

側頭部の地肌が見えるタイプの薄毛は、AGAではない可能性があります。そのため、薄毛が目立っているからと言って、一生懸命AGAに良いという育毛剤を使っても効果が得られないこともあるでしょう。

そして、側頭部の地肌が見えるタイプの薄毛の原因はいくつかあり、病気が関係していることもあります。

単なる薄毛で放っておくのは危険な場合もあるので、側頭部が薄毛で地肌が見えるという場合は、まずは皮膚科などの医療機関を受診するようにしましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ