トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 薄毛対策にウィッグは不自然な増毛に見えてしまう?

薄毛対策にウィッグは不自然な増毛に見えてしまう?

薄毛をどうにかして隠したい、増毛して自分に自信を持ちたいという人は多いと思います。

そんな薄毛対策としてウィッグを使う人もいますが、ウィッグには注意しなければならないことがあります。

それは、ウィッグはどうしても不自然な増毛に見えてしまう可能性があるということです。

薄毛隠しにウィッグを使うのはダメ?不自然な増毛に見える?

薄毛隠しには、パウダーやウィッグなどのアイテムが便利です。

薄毛は自分の外見への自信をなくし、人と会うのが憂鬱になってしまう原因にもなりますが、うまく薄毛を隠すことができれば、自分に自信を取り戻すこともできます。

ウィッグは生え際や頭頂部など、薄毛が気になるところに使うことができる便利なものです。薄毛が気になっている部分も、ウィッグを使えばすぐに薄毛隠しが完成します。

また、見た目もボリュームのある髪型を作りだすことができます。

しかし、見た目はすぐに増毛できるウィッグですが、注意点もあります。

ウィッグは不自然に見えるなど不安なこともある!

それまで薄毛だった人が、突然ウィッグで増毛すれば、不自然に見られることがあります。

また、仕事やお出かけのときなどウィッグをつける頻度が高い場合、その都度ウィッグで薄毛隠しをするのが手間になる人もいるでしょう。

さらには、ウィッグをつけているのがバレるのでは?と心配になる人もいると思いますし、人前でズレる、取れるなどの可能性もゼロではありません。

男性のAGAや、女性のFAGAに対してウィッグはとても便利です。

そして、ウィッグで薄毛対策はできますが、薄毛は進行します。進行すれば隠しきれなくなる場合もあるでしょう。

自然に増毛できる薄毛対策はウィッグよりも再生医療?


ウィッグで薄毛隠しや見た目の増毛はできますが、これは本当の意味での増毛ではありません。

また、どうしてもウィッグは不自然に見えることもあるので、できればウィッグに頼らない生活をしたいという人もいるでしょう。

そこで、自然な形で増毛が期待できる薄毛対策として再生医療が注目されています。

PRP(多血小板血漿)毛髪再生医療には、血漿に含まれる成長因子が頭皮の組織を活性化させ、発毛力を高めることが期待できます。

自身の血液を用いるため、副作用の心配はほとんどない治療法です。効果の現れ方には個人差がありますが、自然な形で発毛するので急激に増毛するなどの不自然さはありません。

まとめ

薄毛隠しとして使われることが多いウィッグですが、不自然に見えてしまうことや、薄毛が進めば隠しきれないという問題点もあります。

近年、AGA治療の分野では、毛髪の再生医療が注目されています。

自身の血液を用いるため副作用の心配が少なく、自然な増毛が期待できます。

AGA治療を受けているけれど治療を見直したい、より高い効果が期待できる育毛治療を受けたいという人は、毛髪の再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ