トピックスtopics

AGA治療薬のロゲインにはどんな副作用があるの?

AGA治療にロゲインを使用しているという人は多いと思いますが、やはり副作用は気になりますよね。

今回は、ロゲインにはどのような副作用があるのかということについて紹介します。

ロゲインにはどのような副作用があるの?

ロゲインに含まれているミノキシジルという成分には、血管拡張作用があります。

もともとは、高血圧の治療に使用されていましたが、その際の副作用として「多毛」が見られました。

現在は、このミノキシジルの副作用である「多毛」を活かした育毛剤などが、AGA治療に用いられています。

しかし、ミノキシジルでは多毛のほかにも、副作用が起こり得ます。

ロゲインを使用することによって考えられる副作用を紹介します。

頭皮の発疹や赤みなど

AGA治療薬、ロゲインを使用することによって、頭皮の発疹・発赤、痒み、かぶれ、ふけ、使用部位の熱感などといった副作用が生じることがあります。

これらが生じる理由としては、肌との相性の悪さが一番の理由です。

これらの症状が現れた場合には使用を中止し、医療機関を受診しましょう。

ロゲインの副作用は危険!ロゲインを使用してはいけない人はいる?


ロゲインは、育毛に効果が期待できるAGA治療薬ですが、特に循環器系に疾患のある人は注意が必要です。

ロゲインの主成分であるミノキシジルには、以下のような副作用が出る可能性があります。

副作用によって、とても危険な状態になってしまう可能性があるので、自己判断でロゲインを使用しないようにしましょう。

・精神神経系の症状
頭痛、気が遠くなる、めまいなど

・循環器の症状
胸の痛み、心拍が早くなるなど

・代謝系の症状
原因のわからない急激な体重増加、手足のむくみなど

健康な人でもロゲインの副作用に注意!

ミノキシジルの血管拡張作用により、血圧が低下することがあります。

そのため、健常な血圧の人がロゲインを使用しても、めまいや気が遠くなるなどの副作用が起こることがあります。

また、血圧低下による立ちくらみやめまいは、転倒の原因となり壮年期〜高齢の人は特に、骨折の可能性もあります。

正しい使用方法をしていれば問題ありませんが、発毛したい一心で規定量以上の薬剤を塗布するのは、大変危険です。

万が一、息切れや動悸などが生じた場合は、すぐに使用を中止し、医療機関を受診してください。

まとめ

ロゲインで副作用が出てしまう人がいるのは事実です。

万が一頭皮のかぶれなどを起こすと、頭皮環境が悪化するため、さらに薄毛の原因を作ってしまうことになりかねません。

また、命の危険が及ぶような循環器系の副作用などが出ることもあります。

ですから、ロゲインを使用する際は、健康状態を確認し、容量・用法を守って使用してください。

そして、使用をしてはいけない病気や病歴をお持ちの人は、ロゲインの使用は控えましょう。もし、ロゲインを使用したいというときは、かかりつけの医師に相談してください。

近年、自分自身の細胞を使用して治療をおこなう「PRP毛髪再生医療」が注目を集めています。

副作用が出現しにくく、高い発毛効果も期待できるので、「ロゲインなどのAGA治療薬だと副作用が怖い!」という人は、治療の選択肢としてPRP毛髪再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ