トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • ザガーロ【AGA治療薬】に耐性があるという噂はホント?

ザガーロ【AGA治療薬】に耐性があるという噂はホント?

AGA治療薬であるザガーロに耐性があるという噂を聞いて不安になったことはありませんか?

ザガーロには本当に耐性があるのでしょうか。

今回はAGA治療薬であるザガーロに耐性があるのかについて解説します。

AGA治療薬のザガーロに耐性があるという噂が!ホントなの?


ザガーロに耐性があるという噂は本当なのでしょうか?

ザガーロは全額自己負担の薬です。せっかく使っているのに耐性があるのであればもう続けたくない、と思ってしまう人もいるかもしれません。

ザガーロに耐性はない!

 
結論を言うと、ザガーロでは耐性は生じません。

AGA治療薬であるザガーロは、長期的に飲み続ける必要のある薬で、服用をやめてしまうと、また薄毛や脱毛が始まってしまいます。

飲み続ける必要のある薬で、耐性が生じるのはおかしいですよね。

ザガーロは男性ホルモンに作用するAGA治療薬

ザガーロは男性ホルモンに作用する薬で、男性ホルモンを作る酵素を邪魔することによって作用を示します。

ステロイドや抗菌薬のような薬では、感受性の低下や耐性菌ができてしまうことがありますが、ザガーロのような薬では耐性はできません。

ザガーロに耐性があるという噂があるのはなぜ?

なぜ、ザガーロには耐性があると噂されているのでしょうか。それには、AGAが進行性の病気であるということが関与しています。

AGAは進行性の病気であるため、ザガーロを飲んでいても現状維持しかできない場合があります。

最初は効き目を感じていても、年齢を重ねるにつれて自身の毛母細胞自体が減ってきてしまうと、育毛としての効果を感じなくなってしまうのです。

毛母細胞があってこそ、そこからの育毛を促したり、毛質を改善して太くすることができます。

効果を感じなくなってしまった人は、自身の毛母細胞自体が減ってきてしまっていたため、以前より効かなくなったと感じてしまったのかもしれません。

AGA治療薬のザガーロに耐性があるという噂はウソ!

毛母細胞さえ残っていれば、ザガーロはその部分に働きかけてAGA治療薬としての効果を示します。

耐性ってなに?

耐性とは、同じ薬を長い間使い続けることで効き目がなくなる、効果が薄くなることです。

ザガーロも長期間使い続ける必要のある薬です。

耐性があると感じた人は、長期間飲み続けた結果、ザガーロが効かなくなったのだと勘違いしてしまった可能性もあります。

耐性ができるとどうなるの?

耐性ができてしまうと、薬が十分な効果を示さなくなってしまいます。

しかし、ザガーロは耐性を持たない薬です。

ただし、残っている毛母細胞には効果を示すため、長期的に飲んでいく必要のある薬です。

自己判断で中止せず、きちんと継続して服用するようにしてくださいね。

まとめ

AGA治療薬であるザガーロには、耐性はありません。AGAに対して効果を発揮してくれる薬です。

しかし、もし、効果を感じづらくなった、効き目がないと感じる人は、AGA治療の選択肢の一つとして毛髪の再生医療を選択することもできます。

毛髪の再生医療とは、自身の血液を採取し、頭皮に注入することによって頭皮の再生、修復を促進し、育毛を促す治療法です。

通院回数も数か月に一度で済みますし、自身の血液を用いるため副作用のリスクも低い安心な治療法と言われ、注目を集めています。

薄毛治療の一つとして、毛髪の再生医療も検討してみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ