トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 薄毛対策は前髪から?あなただけの薄毛を改善する方法を探そう!

薄毛対策は前髪から?あなただけの薄毛を改善する方法を探そう!

薄毛と聞くと頭頂部や生え際の後退をイメージしがちですが、実は前髪の毛量が減るのもAGA(FAGA)の特徴です。

今回は、前髪の薄毛を改善するための、薄毛対策についてみていきましょう。

前髪の薄毛を改善するにはまず原因を知ろう

毛周期は成長期と退行期、休止期と呼ばれるサイクルによって形成されています。

しかし、このサイクルが乱れることで成長期が短縮してしまうと、太くしっかりとした毛髪になる前に成長を終了してしまい、生え変わりの期間に入ってしまいます。

そのため、髪の毛のボリュームが減ってしまうことがあります。

また、そもそも毛根に定着していられる期間が短くなって、抜け毛が増えてしまうのです。

男性も女性も薄毛の最も大きな原因は男性ホルモン

AGA(FAGA)は、遺伝などの要因により男性ホルモンの中の悪玉であるジヒドロテストステロンが(DHT)が毛根を攻撃することによって、髪の毛の生え変わるリズムを崩してしまうことで起こります。

女性の体内にも男性ホルモンはありますから、同じメカニズムで薄毛になっていくといえます。

しかし、女性の場合は男性のように局所的ではなく全体的に毛量が減る場合が多くみられます。

薄毛対策には年齢的な変化も見逃せない

もちろん、人間は誰しも加齢を避けては通れません。加齢によって健康であった毛根や頭皮の細胞分裂も以前よりは活発化を失い、それがさらに薄毛に拍車をかけてしまいます。

ハリやコシがなくなるだけでなく毛髪自体の色素も薄れていきますから、全体的にも地肌が見えやすくなり、毛髪のボリュームである髪密度が低下することになります。

そのため、実際の髪の毛の量よりもさらに髪の毛が減っているかのように見えてしまうのです。

薄毛治療も副作用や合併症がないものを選べる時代へ


少し前までは薄毛は“隠す”というのが主流だった薄毛対策です。ウィッグや増毛は見た目を改善する方法としては、てっとり早いですが、薄毛に至る理由の根本的解決にはなりません。

また、前髪だけでなく髪型はその人の印象を決める大切な部分です。

隠す薄毛治療から治す薄毛治療に

そこで、今ではテレビコマーシャルや皮膚科の窓口でも広く取り扱われるようになった、
“AGA治療”がこの薄毛治療、対策として確立されてきています。

しかし、AGA治療の中でメソセラピーや自家植毛、HARG療法は、その治療方法は効果が期待できると言っても、薬剤による刺激や他人の細胞培養による成長因子を用いるために副作用を生じる可能性もあります。

せっかく薄毛の対策をするなら安全なものを選びたい

薄毛治療にも再生医療の技術が用いられています。それが、PRPという多血小板血漿を用いたものです。

自分自身の血液を採取しそこからPRPを抽出し頭皮に注入をすると、修復能力が優れた多血小板血漿に含まれる成長因子が頭皮のサイクルを活性化し、育毛促進と毛髪再生を促します。

自分の血液成分由来ですから、拒絶反応などの副作用のリスクも低く、安全性が高いと考えられています。

まとめ

人目につきやすい前髪の薄毛が気になったら自分に合った薄毛対策を取り入れてみましょう。前髪は目元の印象やその人の雰囲気を作るポイントにもなります。

薄毛対策や治療は、人によって効果が出てくるタイミングも違ってきます。

前髪の薄毛が気になり始めたら、早めにクリニックに相談することが薄毛対策の第一歩になります。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ