トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 若年性脱毛症の原因や薄毛対策そして発毛剤について詳しく解説

若年性脱毛症の原因や薄毛対策そして発毛剤について詳しく解説

10~20代のうちから薄毛に悩み「若年性脱毛症」と診断された場合、薄毛対策の1つとして発毛剤が気になる方も多いでしょう。

外見を気にする年頃でもあるため、改善したいと思うのではないでしょうか?

そこで今回は、若年性脱毛症について原因や薄毛対策の1つである発毛剤を詳しく説明していきます。

若年性脱毛症に対する発毛剤は?

発毛剤の治療薬は、内服薬と外用薬があります。一般的には、外用薬が処方されることが多いです。薬品扱いの為、医師からの処方箋が必要となります。

若年性脱毛症に対して使用される発毛剤は「ミノキシジル外用薬」が一般的です。

この外用薬は、頭皮の血行を良くするので栄養が行き渡ります。頭皮が刺激され、発毛を促進しますので、男女ともに発毛に有効性があると考えられています。

若年性脱毛症について

若年性脱毛症は、幼少期から発症するものではなく、10~20代頃から薄毛になります。

原因として挙げられるのは、食生活の乱れや睡眠不足・過度のストレス、そして誤った頭皮ケアなどです。これら日々の積み重ねが頭皮に悪影響を与え、薄毛の原因となります。

女性より男性のほうが発症しやすい傾向にあります。

若年性脱毛症の薄毛対策


若年性脱毛症の薄毛対策をいくつかあげてみました。改善できるところがあれば、毎日の生活の中で1つずつ見直していくことが重要です。

食生活

規則正しい食生活で、なおかつ栄養バランスの摂れる食生活をしましょう。たんぱく質や海藻類は毛髪の育成をします。

睡眠の確保とストレス解消

睡眠不足は、毛髪の成長を妨げます。強いストレスは血流を悪くするので、気分転換を行いストレスは発散しましょう。

禁煙

喫煙も血流を悪くしますので、髪の成長を妨げます。禁煙をしましょう。

頭髪ケア

毎日、頭皮を洗髪、そして乾燥させ清潔を保つことが大切です。紫外線は、頭皮に刺激を与えるので保護しましょう。過剰なカラーリングやパーマなどの刺激は、頭皮を傷つけるのであまりおすすめできません。

まとめ

若年性脱毛症について、原因から対策、そして使用頻度の高い発毛剤について解説しました。日頃の生活や頭皮のケアも治療のポイントです。

近年は、再生医療による毛髪再生医療を選択することもできます。毛髪再生医療は、自分
の血液の中の成分を頭皮に注入し、育毛の促進から毛髪再生を促す治療法です。

毛髪再生を促す最先端の育毛治療でもあります。副作用も少ない治療法なので、毛髪再生医療について検討してみるのも良いでしょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ