トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 薄毛隠しにウィッグは便利!でも…薄毛の根本的な解決にはコレ!

薄毛隠しにウィッグは便利!でも…薄毛の根本的な解決にはコレ!

最近髪のボリュームがなくなった気がする、抜け毛が多くなった、髪型に自信が持てなくて人と会うのが憂鬱…そんな悩みのある人は少なくありません。

そして、薄毛隠しの手段として、ウィッグを使う人もいると思います。

今回は、薄毛隠しに使うウィッグについて紹介します。また、薄毛の悩みを解決したい人に必見の情報「薄毛の最先端治療」についてもまとめました。

薄毛隠しにウィッグが便利!

薄毛隠しの手段として、ウィッグを使うという人もいるでしょう。

ウィッグは薄毛が気になるところにつけるだけなので、お出かけの前に素早く薄毛隠しができます。とても便利ですよね。

また、髪色や髪のボリュームの種類を選ぶことができるので、自然な仕上がりにすることもできます。

しかし、ウィッグで薄毛隠しをするときには注意点もあります。

それは、これまで薄毛だったのに突然ボリュームが出るので、ウィッグをつけていることがバレる可能性があるということです。また、きちんとつけていないと、ずれて不格好になってしまうということもあります。

薄毛対策として、ウィッグを使っていることがバレたとしても気にならないという人はいいですが、気になるという人は、それがストレスになってしまい、頭皮に悪影響を及ぼす可能性もあります。

ウィッグ以外の薄毛隠しの方法

薄毛隠しの方法は、ウィッグのほかにパウダーという方法もあります。

パウダーは、薄毛が気になる部分にふりかけて、薄毛を隠すというものです。こちらもウィッグのように手軽に使えるものの、パウダーをかける場所や量によって仕上がりに違いがでてしまうことがあります。

その点、ウィッグはすでにできあがっているものをつけて整えるだけなので、便利といえば便利です。

しかし、ウィッグをつけても薄毛の根本的な解決にはなりません。

ウィッグに頼らない!薄毛対策に再生医療という選択もできる


ウィッグは、手軽に薄毛隠しができる便利なものです。しかし、隠すことはできても、薄毛の根本的な解決にはつながりません。

そのため、根本的に解決できる方法があれば、それを試してみたいという人も多いと思います。

そこでご紹介したいのが、毛髪の再生医療です。

再生医療であれば、ウィッグに頼らなくても薄毛の根本的な解決が可能になるかもしれません。

毛髪の再生医療(PRP/多血小板血漿)は、自身の血液から採取した高濃度の血漿を頭皮に注入するという方法です。PRPに含まれる成長因子が頭皮の組織の再生を促し、自身の発毛力を高めてくれるのです。

AGAの治療は、内服薬や外用薬がメインです。しかし、お薬は毎日継続しなければならず、副作用が起こるリスクがあります。

一方、再生医療は自身の血液から採取した血漿を用いるため、副作用の心配はほとんどありません。

まとめ

薄毛隠しとしてウィッグを使う人もたくさんいます。しかし、ウィッグは手軽に薄毛を隠すことができてとても便利ですが、薄毛の根本的な解決にはなりません。

そんな薄毛対策として近年注目されているのが再生医療です。自身の血漿を用いた再生医療なら、ウィッグに頼らない薄毛対策が期待できるでしょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ