トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • AGA治療はいつまで?AGA治療薬はいつまで飲み続けるの?

AGA治療はいつまで?AGA治療薬はいつまで飲み続けるの?

AGA治療を検討している人のなかには、一般的なAGA治療方法であるフィナステリド、デュタステリドといったAGA治療薬による内服治療を検討している人も多いと思います。

しかし、AGA治療薬によるAGA治療を始める場合には、AGA治療薬をいつまで飲み続けるかについても考えておかなければなりません。

今回は、AGA治療の際、AGA治療薬はいつまで飲み続けるべきかについて紹介します。

AGA治療をいつまで続けるか悩む人も多い!

AGA治療を行う場合、医師から処方されたAGA治療薬を継続して飲んでいく…という治療を検討する人は多いでしょう。

しかし、その際、いつまでAGA治療を続けるのか悩む人が多くいます。

一定の効果が見られたらやめる

AGA治療薬によって一定の効果が見られると、「もうやめてもこの状態をキープできるのでは?」と思って、治療をやめようと考える人は多いです。

費用が負担になってきたらやめる

AGA治療薬を継続していくうちに費用が負担になってきて、「いつまで続けるべきか」「そろそろやめようか…」などと悩む人も多いです。

効果が全く感じられなかったらやめる

AGA治療薬を飲み続けていても、特に効果が出ているように思えないという状態が続くと、「本当に続けていくべきだろうか」と悩む人も多いです。

AGA治療薬をやめると元に戻る


AGA治療薬による内服治療を始めても、いろいろな理由で治療をやめようと考える人は多くいます。

しかし、AGAは進行性の慢性疾患であるため、AGA治療薬の服用をやめてしまうと、治療を始める前の状態に戻ってしまいますし、さらに進行してしまいます。

また、効果がないと思って治療を止めた場合でも、実は効果が出ていて進行を抑えていたのに、治療を止めたことでどんどん進行してしまうというケースもあります。

そのため、AGA治療はいつまで続けるか、AGA治療薬はいつまで飲み続けるかは、医師に相談するべきです。

AGA治療をいつまで続けるのが理想?

AGA治療をいつまで続けるのが理想なのかについては、一概には言えません。

AGA治療による効果を継続して得たいという場合は、ずっと治療を続けていく必要があります。

しかし、治療を続けることにメリットはありますが、同時にデメリットもあります。

AGA治療の効果によるメリットと、例えば費用面などのデメリット、どちらが大きく感じるかは人によって異なります。

また同じ人であっても「もう歳だし、周囲の同年代の人達も薄毛の人が増えてきたから自分の薄毛があまり気にならなくなった」というように、年齢を重ねていくことで薄毛に対する考え方も変わってくる場合もあるでしょう。

ですから、AGA治療をいつまで続けるかは、医師と相談しながら、あなたにとってメリットとデメリットのどちらが大きいかを考えて判断するようにしてはいかがでしょうか。

まとめ

AGA治療は、いつまで続けるべきかについて紹介しました。

いつまで続けるかは、あなたにとってAGA治療のメリットが大きく感じられるなら続ける、あまりメリットを感じられないというようであれば中止するという判断でよいかと思います。

自分で決められないときは、医師に相談してみると良いでしょう。

また、AGA治療をいつまで続けるべきか悩んでいる人のなかには、治療薬の効果を実感できていない人もいると思います。

そういった人は、AGA治療の最先端「PRP毛髪再生医療」もおすすめです。高い育毛効果が期待でき、安全性にも優れているので、このPRP毛髪再生医療についても検討してみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ