トピックスtopics

毛髪再生に用いられる発毛の成長因子とは?


「再生医療」という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。また、再生医療がいろいろな病気やケガの治療に用いられていることも、何となく知っている人も多いでしょう。

この再生医療は、薄毛や脱毛の改善(毛髪再生)にも用いられています。

今回は、毛髪再生とはどのようなものなのか、また、毛髪の再生医療にはどのような発毛効果が期待できるのかについて紹介します。

毛髪再生とは?毛髪再生医療の特徴と発毛効果について

毛髪再生とは、頭皮や毛包に必要な栄養をダイレクトに与えることで、発毛サイクルを正常な状態へと改善し、発毛させることです。

髪には古い毛が抜け落ち、また新しい毛が生えて成長するヘアサイクル(毛周期)があります。

このヘアサイクルが正常な状態を保っていることにより、一定の量の毛髪を保つことができるのです。

しかし、何らかの理由でヘアサイクルが乱れ、「成長期」が短くなると、毛髪が十分に育つことができず、薄毛になってしまいます。

そこで、毛髪再生医療により、ヘアサイクルを正常な状態に戻すために必要なものを注入します。すると、頭皮や毛包に直接アプローチできるため、高い発毛効果が期待できます。

ヘアサイクルを正常な状態に戻すための必要なものとは?

毛髪再生医療は、頭皮や毛包に「必要な栄養」をダイレクトに与えることで、発毛効果が期待できる治療法です。

そして、「必要な栄養」のなかでも、高い発毛効果が期待できるものとして注目されているのが成長因子です。

成長因子とは、人の体内で細胞の分化や増殖を促進させる働きのあるタンパク質の総称で、いろいろな種類が存在しています。

そのなかには、毛母細胞の分裂を促して発毛を促進するもの、休止期の毛包を成長期へと誘導する働きがあるもの、血流を促進し必要な栄養を頭皮に送りやすくするものなど、発毛に有効な働きのある成長因子がたくさん存在しています。

AGA治療の最先端!PRP毛髪再生医療とは?


発毛に有効な成長因子を用いたAGA治療として注目を集めているのが、PRP毛髪再生医療です。

PRPとは、血液から特殊な機器で高濃度の成長因子を抽出したものです。このPRPを頭皮へ注入するという治療法が毛髪再生医療で、高い発毛効果が期待できることから大きな注目を集めています。

まとめ

毛髪再生医療の特徴や、毛髪再生医療に用いられる発毛の成長因子について紹介しました。

過去にいろいろなAGA治療を受けても、思うような発毛効果を得ることができずに諦めてしまっている人もいるかもしれません。しかし、現在では毛髪再生医療という最先端のAGA治療があります。

薄毛で悩んでいる人は、決してあきらめず、このような新しいAGA治療を検討してみることをおすすめします。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ