トピックスtopics

高校生だけど…生え際が後退してきた!どうする?

「高校生なのに、生え際が後退してきた気がする…」という悩みのある人はいませんか?

「まだ高校生なのに、薄毛になってきたかも?」と思うと不安ですよね。

今回は、高校生なのに生え際が後退してきた…という悩みを抱える人に向けて、どのように対処すべきかについて解説します。

高校生でも生え際が後退することってあるの?

結論から言うと、高校生でも生え際が後退することはあります。

高校生でも生え際が後退する原因とは?

高校生の生え際の後退には、遺伝のほか、複数の原因が考えられます。

高校生という年齢は、おしゃれを楽しみたい、友人と遅くまでやりとりしたい、好きなものを食べたいなど、やりたいことがたくさんある時期ですよね。

しかし、それは頭皮環境を悪化させる生活習慣や食生活の乱れに繋がってしまいます。

また、パーマやカラーリング製剤で頭皮が傷ついてしまうと、毛髪が十分に成長しなくなります。

結果、生え際が後退するということになってしまうのです。

高校生だけど生え際が後退してきた!どうしたらいい?


高校生という若さで、生え際が後退するというようなことになると、一人で悩みを抱え込んでしまい、ストレスをためてしまう人もいるでしょう。

しかし、そのストレスが、生え際が後退する原因になります。ストレスがたまると血流が悪くなり、頭皮に血液や酸素がいきわたらなくなってしまうからです。

でも、どうしたらいいのでしょうか。

両親に相談する

まずは一番身近であるご両親に相談してみましょう。

より良い食生活を一緒に考えてくれたり、ヘアケア用品などの見直しを手伝ってくれると思います。薄毛に関する良いアドバイスをくれるかもしれません。

皮膚科や育毛クリニックに相談する

高校生が生え際の後退で悩んでいるなら、医療機関を受診するのも選択肢の一つです。

専門の医師に診てもらうことで、生え際が後退している原因が分かるので、対策法も見えてきます。

生活習慣の改善をする

毛髪は睡眠中に分泌される成長ホルモンと関係があります。ですから、夜更かしをせず、十分に睡眠をとるようにしてください。

また、髪に良い栄養バランスのとれた食事をすることも大切です。それでも栄養が偏ってしまう場合は、サプリメントで足りない栄養素を補うのも良いでしょう。

ヘアケアの見直しをする

シャンプーや整髪料も、頭皮に優しいものに変えてみましょう。

敏感肌の人は、より優しい成分のシャンプーを使うなどして、頭皮が荒れないように気を付けましょう。

皮脂や汚れをきちんと洗い落とし、頭皮環境を清潔にして、炎症が起きないようにしてください。

適度な運動をする

適度に運動して汗をかくことも大切です。適度な運動で血流を改善し、髪の成長を促してあげましょう。

高校生だけど生え際が後退している…上手に隠す方法はある?

生活習慣や食生活を見直しても、すぐに脱毛が止まり、新しい髪の毛がフサフサ生えてくるわけではありません。

髪の成長にはサイクルがあるため、育毛には時間がかかります。

その間、生え際を上手に隠して、ストレスなく過ごせるといいですよね。

分け目を変える

分け目を変えることで、薄くなってしまった部分など、気になるところを目立たなくできます。

パウダー

髪の毛に繊維を吹きかけ、薄毛を目立たなくする薄毛隠しパウダーなどがあります。

安価で手に入りやすいですが、周囲の髪の色と合わなかったり、固まってしまったりする場合もあるので、商品選びと慣れが必要です。

まとめ

高校生でも生え際が後退してしまうことはあります。

しかし、食生活や生活習慣を見直すことで、薄毛や脱毛も改善する可能性があります。

一人で思い悩んでしまうストレスも、頭皮に良くないので、まずはご両親に相談してみましょう。

ご両親に相談して、生活改善に取り組んでも気になる場合は、皮膚科や美容クリニックのような専門機関を受診することを検討してください。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ