トピックスtopics

AGA治療の育毛注射は女性でも受けられる?

AGA治療に使用される育毛注射(メソセラピー)ですが、女性でも受けることができます。

女性の脱毛症は様々な原因で起こりますが、催奇形性のある薬剤などもあるため治療に使用できる薬剤が少なく、治療をしづらい部分もあります。

AGA治療で女性でも受けられる育毛注射(メソセラピー)とは

AGA治療での育毛注射とはいわゆるメソセラピーと言われている治療方法のことで、女性でも安心して受けることができる治療法です。

男性のAGAや女性の脱毛は原因が様々ではありますが、発毛を促すための成長因子が少ないことが共通している原因です。成長因子が不足していることが原因で、髪の毛が十分に成長しません。

メソセラピーは、発毛に有効な成分を直接頭皮に注入する治療方法です。

内服薬治療や外用薬治療で効果を得られなかった方にもおすすめです。

頭皮に注射をするのは痛みの点で躊躇してしまう方が多いと思いますが、クリニックによっては局所麻酔を行なってくれたり、急速に冷却することで痛みを緩和する方法などがとられています。

薬剤治療の約3倍の効果があると考えられており、即効性も実感できるのが特徴です。

例えば、頭頂部も頭皮が見えてしまっていたAGAの患者さんでも、半年後には薄毛だったことがわからないほどの発毛効果があります。

AGA治療に使われる薬剤と女性が使用できない理由


AGA治療によく用いられる薬剤は、ミノキシジルやフィナステリド、デュタステリドなどです。これら3つは代表的な薬剤ではありますが、女性はフィナステリド・デュタステリドの使用が禁止されています。

女性には男性ホルモンが分泌されているものの分泌量が少ないため、これらの薬剤を使用することでホルモンバランスが乱れてしまう可能性があります。

それに加え催奇形性があるため、妊娠している女性や妊娠の可能性のある女性が触れたり内服したりすると、妊娠している胎児が男児であった場合、性器に奇形を生じる可能性があります。

そのため、この2つの薬剤は使用することができず、結果、代表成分の中の1種類しか使用することができない状態に陥ります。

そのため、女性の脱毛症の治療は幅が狭くなってしまうのです。

まとめ

AGA治療の中で、育毛注射であるメソセラピーは女性に使用できるほか、薬剤のみの治療より効果を実感することができます。

特に、女性は内服治療の幅が狭くなってしまうため、メソセラピーを治療に取り入れることで、より早く効果を実感できるようになります。

メソセラピーの1つであるPRP発毛再生医療という治療方法があります。

自分の血液から成長因子を取り出し頭皮に注入する治療方法で、自分の細胞を使用することから副作用が起きにくいです。

女性で薄毛が気になっている人、即効性が欲しい人はぜひメソセラピーも取り入れてみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ