トピックスtopics

AGA治療で低出力レーザーは発毛に効果的?

AGA治療の中でも低出力レーザー治療(LLLT)というレーザー治療が発毛に効果的と言われています。

日本での取り扱いはまだ少ないですが、AGA治療にも使用しているクリニックもあります。低出力レーザーは効果があるのかどうかなどをみていきましょう。

AGA治療に効果的?低出力レーザー治療(LLLT)での発毛とは?

AGA治療の発毛に有効とされている低出力レーザー治療は10年ほど前から提供され始め、代表的な機種はHair max Laser Comb®︎です。

低出力のダイオードレーザーで、光源は約7〜12個あり波長は635nmです。総出力は数十nW と非常に弱いです。

総出力が弱いことが大切なポイントとなるのですが、例えば、脱毛エステで脱毛ライトを弱く繰り返して当てた結果、逆に毛が濃くなった事例があります。

これを逆手にとって発毛に活かしています。

低出力レーザーは細胞分裂の促進などの効果があるため、毛乳頭細胞や毛母細胞などを活性化してくれ発毛に至ります。

実際に使用して増毛している人もいるため、効果があるのは間違いないと考えられます。

現在のAGA治療の主よりも効果があるのか


現在のAGA治療はミノキシジルやフィナステリド内服、ミノキシジル外用などです。

一部の市販の育毛機はこれよりも効果的との広告をうたっているようですが、これに勝ることは今のところなさそうです。

副作用の点ではLED治療の方が安心ではありますが、育毛治療に使用される薬剤が特段副作用がでやすいのかと言われればそういうわけでもなく、普段使用している風邪薬などでも肝機能障害など重篤な障害が出る人は一定数います。

持病や女性であることから、使用できる薬剤が限られることはあります。

レーザー治療を行うのも1つの手ではありますが、再生医療も副作用を起こすリスクが低く、女性でも行うことができます。持病がある方は再生医療のクリニックの医師との相談が必要にはなります。

再生医療では、PRP(多血小板血漿)毛髪再生医療という治療法があり、自身の血液から高濃度の血小板を含む血漿を取り出し頭皮に注入します。PRPにはたくさんの成長因子があるため、発毛不全におちいった毛根の育毛を促します。

自身の細胞を使用するため副作用が出にくいのが特徴で、男女関係なく受けられる治療法です。

まとめ

AGA治療の主軸となるのはやはり内服薬治療と外用薬治療になります。

ミノキシジルやフィナステリドは適切に使用していれば大きな副作用が出ることは少ないです。一番効果を感じやすいのは、やはり主軸となる治療です。

これらのAGA治療に併用して低出力レーザーによるレーザー治療を行うことは発毛促進への期待が持てます。

副作用の観点でレーザー治療を選択されるのであれば、PRP毛髪再生医療も検討されてみてはどうでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ