トピックスtopics

漢方薬で髪が生える?漢方薬と西洋薬の違いとは?

薄毛や抜け毛で悩んでいるけれど、もし、漢方薬で髪が生えるなら「漢方薬で薄毛の治療をしたい」と思う人もいるのではないでしょうか。

漢方薬には体質改善など、体に優しいイメージがある人も多いと思います。特に、プロペシアなどを使って治療したけれど、副作用が出て飲むのをやめてしまったというような人は、髪が生えるという漢方薬に興味をお持ちかもしれません。

今回は、本当に漢方薬で髪が生えるのか、また、漢方薬と西洋薬との違いについて解説します。

髪が生える漢方薬があるってホント?


髪が生えるという漢方薬は、存在しています。とはいっても、漢方薬を飲んだからと言って、短期間で髪がフサフサ生えるわけではありません。

漢方薬は、髪が生えやすい頭皮環境を目指すために用いられます。

効果には個人差がありますが、実際に、効能に脱毛症を謳う漢方薬があり、育毛の治療に用いられています。

効能に脱毛症を謳う漢方薬とは?

効能に脱毛症を謳う漢方薬をご紹介します。

▲桂枝加竜骨牡蛎湯
桂枝加竜骨牡蛎湯は、効能に脱毛症の適応がある漢方薬です。

痩せ気味でイライラや不安がある人に向いている漢方薬で、ストレスの軽減に効果を示します。

ストレスを感じると血管が収縮してしまい、頭皮の血流が悪くなりますが、桂枝加竜骨牡蛎湯でストレスが軽減すると血流が改善し、頭皮環境が良くなる効果が期待できます。

頭皮環境を整える漢方薬もある!

頭皮環境を整えるのに効果的な漢方薬もあります。

▲柴胡加竜骨牡蛎湯
柴胡加竜骨牡蛎湯は、神経過敏や不安をやわらげ、ストレスを改善する薬です。桂枝加竜骨牡蛎湯と異なり、太り気味の方に向いている漢方薬です。

▲十全大補湯
十全大補湯は体力の低下した、貧血や冷えのある人に向いている漢方薬です。血の巡りを良くすることで貧血や冷えを改善できれば、頭皮環境が整います。

このような、血流を促進し頭皮環境を整える漢方薬で、髪が生える効果を期待することもできます。

髪が生えるという西洋薬もある!漢方薬との違いとは?

髪が生える頭皮環境に導く漢方薬がありますが、西洋薬でも髪が生える効果を期待できるものがあります。

漢方薬と西洋薬は、どのような点が違うのでしょうか。

漢方薬と西洋薬の違いとは?

漢方薬は、人それぞれの体質やその時の心身の状態に合った薬を処方し、その人自身の病気を治す力をサポートするような治療薬です。

また、漢方薬はその人の症状に注目し、血流や冷えを改善するなど、体全体のバランスを整えます。

一方で西洋薬は病気の原因に注目する治療をおこないます。

まず、病気の原因を検査などではっきりさせ、その原因に対して効果を示す薬を処方します。

AGA治療においては、男性ホルモンに作用することで効果を発揮する薬が使われます。

髪が生えるという漢方薬との併用も可!AGA治療には毛髪の再生医療

近年、AGA治療の分野で注目を浴びているのは、毛髪の再生医療です。PRP毛髪再生医療は、漢方薬などの飲み薬との併用も可能です。

PRP毛髪再生医療とは?

自身の血液に含まれる血漿という成分を頭皮に注入することで、発育の悪い毛根に栄養を与えて育毛を促進する治療法です。

安全で、副作用の心配が少なく、高い育毛効果が期待できるAGAの最先端治療です。

まとめ

髪が生える頭皮環境を目指すのには、漢方薬が有効です。

漢方薬は血流改善効果が期待できますし、効能に「脱毛症」を謳うものもあります。

しかし、より短期間で育毛効果を期待したいのであれば、PRP毛髪再生医療をおススメします。

副作用の心配がほとんどなく、安全なAGA治療として注目を浴びています。

薄毛に悩んでいるのであれば、PRP毛髪再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ