トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • フィナステリドの副作用にはどのようなものがある?

フィナステリドの副作用にはどのようなものがある?

AGA治療薬であるフィナステリドには、どのような副作用があるのでしょうか。

フィナステリドは、ミノキシジルと同じくらいメジャーな薬剤であり、これと併用で使用されることも多いです。

フィナステリドにはどのような副作用があるのか一緒にみていきましょう。

フィナステリドの副作用は?

フィナステリドは男性専用の薬剤であり、副作用も男性特有のものとなります。

フィナステリドの副作用としては、性欲減退や勃起機能障害(ED)、射精障害、精液量減少などの男性機能低下、肝機能障害などが挙げられます。

EDに関してはプラセボ患者とほぼ同様の発生率(フィナステリドではない効果のない薬剤をフィナステリドだと言って内服させた被験者のEDの発生率)とほぼ同様となっているため、フィナステリドによる発症率はそれほど高くありません。

最も出現頻度が高いものは、性機能の低下です。

出現頻度は不明ですが生殖機能では、睾丸痛、血精液症、男性不妊症、精液の質の低下などが挙げられます。

フィナステリドの副作用で最も重症なものが肝機能障害です。

肝機能が低下すると倦怠感、食欲不振、吐き気、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色などの症状が初期症状として出てきます。

肝性脳症といい入院を必要とする状態になる可能性があるため、必要であれば採血を定期的にしてもらい肝機能をチェックしてもらいましょう。

AGAのフィナステリドはどんな効果の薬?


AGAの原因は男性ホルモンである「テストステロン」と頭皮に存在する酵素「Ⅱ型5αリダクターゼ」と言われています。

テストステロンがこの酵素と反応することで脱毛の原因となる強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン」へと変換されます。

このジヒドロテストステロンは、頭髪のサイクルであるヘアサイクルの成長期を短くしてしまうため、髪の毛が短く細いまま抜けてしまうようになり薄毛となります。

フィナステリドにはⅡ型5αリダクターゼという酵素を阻害する作用があります。ヘアサイクルを正常に保つことで発毛を促すというわけです。

まとめ

フィナステリドには性欲減退などの副作用があり、肝機能障害などの重度な障害を起こす可能性もあります。

薬剤は効果だけでなく、副作用がどうしても出現してしまうものです。

副作用を悪化させないためにも、クリニックでの定期的な経過観察を行ってもらい内臓の機能低下などを起こさないように予防的に関わりましょう。

フィナステリドはAGAに効果が期待できる薬剤です。うまく副作用と付き合っていけるように医師に相談してみましょう。

薬剤による副作用が不安であれば再生医療でのAGA治療がおすすめです。

再生医療では自分の細胞を使用して治療を行うため、副作用が出現しにくいです。

あなたのニーズも医師に伝え、安心して治療できるように、治療法はさまざまな選択肢より選びましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ