トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 前髪ウィッグはバレる?根本的な薄毛対策についても紹介

前髪ウィッグはバレる?根本的な薄毛対策についても紹介

人と顔を合わせるときに、どうしても相手の生え際に目が行くため、自分の薄毛を気にするという人も多いのではないでしょうか。そんな生え際の薄毛に使えるのが前髪ウィッグです。

しかし、前髪ウィッグはつけていることがバレるのでは?突然増毛したら、周りの人から怪しまれるのでは?と不安な人もいると思います。

今回は、前髪ウィッグはバレるのか、また、薄毛を根本的に治療する毛髪の再生医療についてご紹介します。

前髪ウィッグはバレるの?前髪が薄毛になる原因は?

薄毛の原因にはストレスや睡眠不足、食生活の乱れといったものがあります。また、頭皮の脂汚れが溜まり、毛根が詰まってしまうことも薄毛の原因になります。

そして、前髪ウィッグが必要になるような薄毛に、男性型脱毛症(AGA)があります。

AGAは、ジヒドロテストステロンという男性ホルモンの影響で起こる薄毛です。ジヒドロテストステロンには発毛力を抑制する作用があり、このホルモンが増加することでヘアサイクルが乱れてしまうのです。

女性にも男性ホルモンが存在するためAGAが起こります。女性のAGAを、女性男性型脱毛症(FAGA)といいます。

男性のAGAは頭頂部や生え際など局所的に薄毛になっていくのに対し、女性は全体的に薄毛になる「びまん性脱毛」が特徴的です。

生え際が後退したり、ボリュームがなくなるのを隠すために前髪ウィッグを使う人もいます。

前髪ウィッグは、手軽に薄毛を隠すことができるのでとても便利です。

しかし、今まで薄毛だったのに突然増毛していれば、ウィッグを付けているのがバレることもありますし、途中で取れる、ずれるなどの心配もあります。

また、前髪ウィッグで薄毛を隠すことはできますが、AGAは進行していきます。そのため、前髪ウィッグでは隠しきれず、薄毛がバレることもあります。

AGAには再生医療という選択肢も


男性ホルモンが影響するAGAの治療には、内服薬や外用薬を用います。しかし、ホルモンに関係する治療になるので副作用が生じることがありますし、継続して通院する、薬を使い続けるということが負担になる場合もあります。

そんなAGAの治療として、近年注目されているのが再生医療です。

自身の血液から採取したPRP(多血小板血漿)を頭皮に注射するという方法です。血漿に含まれる成長因子が頭皮の状態を改善し、乱れたヘアサイクルを整えてくれるのです。

自身の血液を用いるので副作用の心配はほとんどなく、自然な形での発毛が期待できます。

効果は個人差がありますが、効き目が実感できるのは数か月後になります。急激に増毛することはないので、薄毛治療をしていることがバレる心配もほとんどないでしょう。

まとめ

薄毛隠しのために前髪ウィッグを使う人もいますが、ウィッグはバレることもありますし、薄毛が進行すれば隠しきれなくなってしまいます。

近年、AGAの治療に自身の血漿を用いた再生医療が注目されています。自然な発毛が期待できるので、周囲に薄毛治療がバレることが不安な人にもおすすめです。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ