トピックスtopics

若年性脱毛症の原因とは?自分でできる対策方法

若くして脱毛が始まってしまう病気には、若年性脱毛症があります。

最近では、AGA(男性型脱毛症)治療を行なっているクリニックをよく目にするようになりました。供給が増えているということは需要も増えている、つまり若年性脱毛症に悩んでいる方が多くなっています。

薄毛対策に悩む前に、若年性脱毛症の原因を一緒に見ていきましょう。

若くして脱毛してしまう若年性脱毛症の原因は?

若いのに脱毛してしまう原因について、より詳しく分析するために男性と女性に分けてみていきます。

男性の場合

・テストステロンによる影響
テストステロンは頭皮の酵素と結合しジヒドロテストステロンとなり、レセプターに結合することで脱毛信号を発します。

・ストレス
ストレスにより血流が悪くなることがあるため、栄養が運びづらくなります。

・遺伝的要素
遺伝的要素の視点からみると、母型の家系にAGAの人がいるとリスクが高いと考えられています。

・喫煙や飲酒などの生活習慣
喫煙や飲酒などの生活習慣が原因となり、血流が悪くなります。そのため頭髪まで栄養が届きづらくなる場合があります。

女性の場合

・ストレス
ストレスにより、自律神経の乱れや加齢などによる頭皮の血流が悪化につながります。

・生活習慣の乱れ
食生活の乱れにより、栄養不足などが原因で頭皮まで栄養が行き渡らない原因になります。

いずれも、生活習慣が原因の1つとして含まれているため、まずは運動不足や栄養不足の改善、ストレスの緩和を行えるようにしましょう。

原因として考えられるものを1つずつ解消していけるようにすると、自分が脱毛症となっている原因が突き止めやすくなります。

これは、適切な薄毛対策にもつなげることができます。

男性でも女性でも若年性脱毛症になるの?


結論、若年性脱毛症は男女問わず発症します。

脱毛の特徴としては、主に次のとおりです。

・額の生え際や頭頂部またはその両方が薄くなっている
・放置すると薄毛の範囲が広がる

男性の20代~30代で起こる若年性脱毛症は、AGA(男性型脱毛症)といいます。

AGAの中でも細かく分類されていて、20代~30代で起こる若年性脱毛症のほかに、40代~50代で起こる壮年性脱毛症があります。

一方、女性特有の若年性脱毛症もあります。「びまん性脱毛症」と言われる脱毛症です。

男性の脱毛は部分的にごっそりと脱毛してしまいますが、女性の場合は「びまん性=一面に広がる」ようにみられます。

そのため、全体的に髪が薄くなるという脱毛の仕方をするのが特徴です。

20代からでも発症する可能性は高く、ダイエットやストレス、不規則な生活などが原因となります。

また、40代後半以降、閉経し女性ホルモンの分泌が低下し始めるのを境に、男性ホルモンが優位になりFAGA(女性男性型脱毛症)となることもあります。

まとめ

若年性脱毛症のように若くして脱毛が起こる脱毛症は、外見の変化が大きいため気にする方が多いです。

特に、20代は若年性脱毛症のことを知らない人も多いでしょうから、説明なしに周りからの理解を得るのはなかなか難しい場合もあります。

自分は若年性脱毛症かもしれないと心当たりがある方は、一度AGA専門のクリニックなどを受診することをおすすめします。

近年、医療は発展し再生医療の分野でも毛髪再生治療が可能となっています。薄毛対策や治療方法の選択肢に加えてみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ