トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 薬以外の薄毛治療(AGA治療)にはどんな治療法があるの?

薬以外の薄毛治療(AGA治療)にはどんな治療法があるの?

AGAの薄毛治療は、AGA治療薬による治療が一般的ですが、「治療薬では効果が出なかった」という人もいます。

そのようなとき、「薬以外の薄毛治療のほうがいいかな?」とか、「薬治療と並行して何かできることはないだろうか」などと考える人もいるのではないでしょうか。

近年は、薬以外の薄毛治療もいろいろあります。ですから、AGA治療で効果が出ないという人は、薬以外の薄毛治療を検討してみるのもおすすめです。

今回は、薬以外の薄毛治療について紹介します。

薬以外の薄毛治療はいろいろある!


薬以外の薄毛治療と言ってもいろいろあります。今回は、ヘアーフィラーとLED照射、PRP毛髪再生医療についてご紹介します。

ヘアーフィラー

薬以外の薄毛治療のひとつに、ヘアーフィラーという治療方法があります。

ヘアーフィラーはペプチド化合物を頭皮に直接注入する治療方法で、薬との併用も可能です。

ペプチド化合物とは、2つ以上のアミノ酸が結合した生命維持にも大きく関わっている物質で、なかには、毛髪の成長期を延ばしたり、毛髪幹細胞を増殖させたりするなど発毛に関わるものも存在します。

そうした発毛に関わる作用のあるペプチドを頭皮へ注入し、毛髪再生を促すのがヘアーフィラーの特徴です。

LED照射治療

薬以外の薄毛治療にはLED照射治療もあります。

LED照射治療とは、皮膚内への深達度が高い赤色LEDを患部に照射する治療方法です。安全性の高い光治療で、外用薬、内服薬との併用も可能です。

超狭帯域の赤色LEDを患部に照射し、頭皮内の毛乳頭を刺激すると、毛母細胞が活性化されます。

毛母細胞が活性化し分裂や増殖を繰り返していくことで発毛、育毛効果が期待できるというのがLED照射治療の仕組みです。

PRP毛髪再生医療

薬以外の薄毛治療で、近年注目を集めているのが「PRP毛髪再生医療」です。

PRPとは血液に含まれている多血小板血漿のことです。

そして、PRP毛髪再生医療とは、自分の血液から採取した多血小板血漿にたくさん含まれている成長因子を、頭皮に直接注入する治療方法です。

注入された成長因子が頭皮組織を再生させるので、ヘアサイクルが正常な状態へと整えられます。

すると、発毛力が再び発揮されるようになることが期待でき、薄毛治療に役立ちます。

自分の血液を使用するので安全性が非常に高く、男女問わず安心して治療を受けることができるなどのメリットが多くあり、薬との併用も可能です。

まとめ

薬以外の薄毛治療方法について紹介しました。

今回ご紹介したように、現在では最新技術を駆使した治療方法がいろいろあります。

もし、AGA治療を検討しているなら、早いうちに始めるのがおすすめです。薄毛治療は早めに始めることで高い効果を期待することができるようになりますし、AGAは進行度が浅いうちに高い効果を得ることができれば、治療費を抑えることにもつながります。

あなたに最も合う薄毛治療を選択し、薄毛の改善を目指しましょう。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ