トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • 側頭部の髪がスカスカになっている!原因はなに?どうしたら治る?

側頭部の髪がスカスカになっている!原因はなに?どうしたら治る?

側頭部がスカスカになってきた…という悩みを抱えている人はいませんか?

なぜ側頭部の髪がスカスカになってしまったのでしょうか。少しでも早く改善したいですよね。

今回は側頭部の髪がスカスカになってしまった原因と、その改善方法について紹介します。

側頭部の髪がスカスカになる原因とは?

側頭部の髪がスカスカになってきた気がするけれど、生え際の脱毛や薄毛とは少し違う気がする…と感じている人もいるかもしれません。

いずれにしても、髪が薄くなるのは悩みの種ですが、側頭部がスカスカになるのと、AGAで生え際が薄毛になるのは少し違います。

側頭部がスカスカになるのとAGAで生え際が薄毛になるのは違う

生え際や頭頂部の薄毛は、男性ホルモンが関与しているAGAです。

頭頂部や生え際は男性ホルモンが働きかける細胞がたくさんある一方、側頭部にはほとんどありません。

そのため、AGAは側頭部ではあまり起きないと言われています。つまり、側頭部がスカスカになるのは、AGAではない可能性が高いのです。

側頭部がスカスカになる原因

側頭部がスカスカになる原因を紹介します。

▲眼精疲労
長時間目を使うと、眼精疲労が起こり、目の周囲や側頭部の血流が悪くなります。すると、毛根に栄養がいきわたらず薄毛になります。

▲甲状腺機能低下症
甲状腺ホルモンは、皮膚や髪を成長させるホルモンです。

そのため、甲状腺ホルモンが低下すると毛髪が十分に成長せず、側頭部がスカスカになる原因となります。

▲円形脱毛症
免疫反応の異常やストレスにより、脱毛を引き起こします。

側頭部の髪がスカスカに!どうしたら治るの?


側頭部の髪がスカスカになってしまったと感じたら、どのような対策をしたらいいのでしょうか。

側頭部のスカスカには病気が隠れているかもしれないので、まずは病院を受診しましょう。

また、生活習慣の改善も必要です。

治療

病院を受診して、甲状腺機能が低下していると言われた場合はきちんと治療を受けましょう。

生活習慣の改善

ストレスや生活習慣の乱れも、側頭部の薄毛の原因になります。

スマホやパソコンを使う時間が長い、夜遅くまで目を酷使するなど、眼精疲労の状態にあると血行が悪くなり、薄毛を引き起こします。

また、毛髪の成長は睡眠中に行われるため、十分な睡眠時間を確保しましょう。

ストレスが溜まっていると感じている人は、上手にストレスを改善してください。

ストレスは、血流を悪くする原因になります。ですから、ストレスを改善することで、血流が良くなると、毛根にも栄養や酸素が運ばれるようになるので、薄毛の改善につながります。

まとめ

側頭部がスカスカになる原因には、いろいろありますが、病気が原因になっていることがあります。

ですから、まずは医療機関を受診し、必要であれば適切な治療を受けましょう。

また、眼精疲労やストレスは薄毛の原因になります。生活習慣を見直し、眼精疲労を起こさず、ストレスをため込まないようにしてくださいね。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ