トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • はげる予兆?それともおでこが広いだけ?見分け方はある?

はげる予兆?それともおでこが広いだけ?見分け方はある?


おでこが広いと、「もしかしたら、はげの予兆かもしれない」と不安になってしまう人もいるかもしれません。

しかし、もともとおでこが広い人もいます。

今回は、おでこが広いだけなのか、はげる予兆でおでこが広くなっているのか、その見分け方を解説します。また、毛髪の後退を改善する治療方法についても紹介します。

はげる予兆?それとも昔からおでこが広かった?見分ける方法はある?

おでこの広さは人によって異なるため、おでこが広いからといってはげる予兆があるとは言い切れません。

はげの予兆が考えられるのは、生え際が弱っていくことで毛髪が後退し、おでこが広くなってきているというときです。

しかし、自分でもわからないほどのスピードで薄毛は進行するため、もともとおでこが広かったのか?それとも、生え際が後退している、つまり「はげ」の予兆なのかを見分けるのは難しいかもしれません。

そこでおでこが広いだけなのか、はげの予兆なのかを見分ける方法を紹介します。

生え際がしっかりしていれば「おでこが広いだけ」

自分の生え際を見て、髪の状態を確認してみましょう。

毛髪が太くボリュームがあるようであれば、もともとおでこが広いタイプだと言えます。

以前と比べておでこが広がっているようであれば「はげの予兆」

おでこの広さは、以前に比べて違いがあるか、写真などを見ながら確認してみましょう。

分かりにくいかもしれませんが、もし、「少し生え際が細くなったような気がする」「以前はここまで後退していなかったと思う」という場合は、それは、はげの予兆が出ている可能性があります。

おでこが広くなってきた!はげる予兆を感じたらAGA治療を始めましょう


はげの予兆が感じられる場合は、改善に向けて行動しましょう。

ひとくちに「はげ」といってもいろいろな原因がありますが、はげの予兆としておでこが広くなっているときは、AGAが考えられます。

ですから、はげを改善する方法としてはAGA治療が適しています。そして、AGAは進行するため、なるべく早く治療を開始することをおススメします。

また、予兆が出ているうちに改善ができれば、はげの印象が根付いてしまう前に毛髪を取り戻せる可能性が高まります。

AGA治療の最先端はPRP毛髪再生医療

AGA治療の方法もいろいろあります。

当サイトでは、AGA治療の最先端「PRP毛髪再生医療」をおススメします。

PRPは、自分の細胞を利用して毛髪を再生させる治療のため、副作用などが少なく、より安全で効果的な治療です。

PRP毛髪再生医療に興味のある人は、ぜひ、この治療法の詳細をチェックしてみてくださいね。

まとめ

自分のおでこが広いと感じたときは、生え際を見てはげの予兆があるかどうかを確認してみましょう。

明らかにはげの予兆が見られるときはもちろんのこと、「分かりにくいけれど、もしかしたら生え際が後退しているかも?」と思うのであれば、AGA治療を開始するタイミングだと言えます。

自分でわかりにくいときは、生え際を専門家にチェックしてもらうだけでも治療を受けるべきかどうかの指標になります。ですから、まずはクリニックで相談してみるのも良いでしょう。

AGA治療の最先端は、PRP毛髪再生医療です。おでこに「はげ」の予兆を感じたら、PRP毛髪再生医療を検討してみてはいかがでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ