トピックスtopics
  • HOME
  • トピックス
  • AGAに悩む人必見!AGA治療に使われるヘアビームって何?

AGAに悩む人必見!AGA治療に使われるヘアビームって何?

AGA治療のヘアビームはご存知でしょうか。AGAには内服薬治療や外用薬治療のほかに、赤色LEDによる治療があります。光を照射して治療を行うものですが「光なんかで効果があるのか」と疑ってしまう人がほとんどだと思います。

今回は、ヘアビームについてみていきましょう!

AGA治療にも使われているヘアビームって何?


発毛を促すにあたって重要になってくるのは毛母細胞です。毛母細胞の先端には毛乳頭細胞という細胞があり細胞増殖因子などを分泌しています。そのため、毛乳頭細胞を活性化することで発毛を促すことができます。

ヘアビームに使用されるのは赤色LEDです。

LEDと聞くと豆電球などをイメージされる方が多いでしょうが、治療に使用されるLEDは波長の長いもので頭皮の奥までしっかりと透過していきます。

頭皮の奥にしっかりと到達することで血流が促進され、毛乳頭細胞や毛母細胞を栄養します。血流不良などで栄養不足に陥っていたこれらの細胞が、元気になり活性化されることで発毛が促されます。

LED治療はクリニックで行うことができますが、ヘアビームはヘルメット型をしていて自宅での治療が可能です。

日本皮膚科学会の男性型脱毛症診療ガイドラインで、フィナステリドやデュタステリド、ミノキシジルに次いでB評価を受けており、世界的にも普及し治療に使用されています。

ほぼ100%の抜け毛減少と発毛効果があるという研究もあります。

ヘアビームの使い方は?効果はある?

ヘアビームは1日18分頭皮に照射し、最低でも4ヶ月継続して使用します。1度に長時間の照射をするよりも、長期間行う方が効果的です。

ヘアビームによる発毛も実証されていますが、ヘアビーム単独での育毛より、薬物療法を併用する方が効果的に治療を行うことができます。

LED治療をクリニックで行う場合、毎回、数千円を支払う必要があります。育毛を継続し自宅でもケアをできることを考えるとヘアビームの購入の方が安く済む場合もあります。

ヘアビームは税抜き25万円程度と高額ですが、クリニックに通う必要がなく長く使用できることを考えると最終的には安いのかもしれません。

まとめ

AGA治療でのLED治療は、内服薬治療や外用薬治療と併用することでより効果を実感できる治療方法です。AGA治療の自宅でのLED治療は、ヘアビームという育毛機で可能です。

家電量販店などで安価な育毛機が販売されていますが、効果をしっかりと感じたいのであればクリニックが販売している機械を購入しましょう。副作用の観点でもLED治療は老若男女どなたでも受けることができる治療方法です。

再生医療は副作用も起こりにくい分野です。副作用が気になる方は、再生医療の治療も選択肢の1つに入れてみてはどうでしょうか。

自分の髪で 毎日キメ髪
髪がキマると 笑顔もキマる

いま注目の再生医療。なんと毛髪の悩みにも適用されるんです。
自分の細胞を利用して、薄毛や脱毛症状の改善(毛髪再生)を促します。

一度の治療で長期間の効果が持続するため、 通院回数が少なくて済むので
忙しい方にもおすすめ。女性男性どちらにも効果があり、 育毛治療で多くの人が懸念している、「副作用」も自分の細胞だから安心!

トップ